海外ニュース

ヘンリー王子夫妻に驚きの提案 米国先住民が「会いに来て」と語る理由とは

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 ヘンリー王子とメーが妃は昨年7月、米カリフォルニア州サンタバーバラに約15億円ともいわれる豪邸を購入。“王室引退”後に風光明媚な高級リゾート地で始めた新生活は、今年6月に新たな家族、長女リリベットちゃんが生まれるなど順風満帆のようだ。そんな王子夫妻はこのほど、現地に住む先住民から“驚きの提案”を受けたという。

 ◇ ◇ ◇

夫妻の豪邸付近には先住民にとっての“聖水”が流れているという

 ヘンリー王子夫妻の豪邸がある地域は、これまでのビデオメッセージや妊娠報告写真などで自然豊かな場所であることが知られてきた。去る6月には付近での“クマ再出没”と約1万1000年前の人骨発見もニュースになっている。

 人骨は約1万1000年前にこの地域で居住していた米国先住民(ネイティブ・アメリカン)、チュマッシュ族のもの。また、英大衆紙「ザ・サン」が先日掲載した記事によると、王子夫妻の豪邸付近にはこのチュマッシュ族にとって“神聖な水”が地下水として流れているという。

 現在のチュマッシュ族リーダー、エレノア・フィッシュバーンさんは同紙に対し「この地下水は我々にとっては純粋で神聖な水。聖水なのです」と重要性を訴え、「私たちはこの地域の住人が庭を潤すために神聖な水を使っていることについて抵抗を感じています」と率直な思いを明らかにした。

 米国先住民には、何世紀にもわたって不幸な虐待の歴史もあるとされる。さらに王子夫妻は以前、植民地支配の歴史もある英連邦について「(英国にとって)不快な過去も認識する必要がある」と発言。チュマッシュ族のような少数民族の伝統や価値観が無視されることに反対の立場であることを明確にしていた。

 フィッシュバーンさんは王子夫妻に対し、「ぜひ私たちに会いに来てほしい。そして私たちの歴史や文化について耳を傾けてもらい。この水がいかに重要なものか知っていただければ幸いです」と語りかけ、直接の対面も望んでいた。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)