暮らし

大坂なおみ「カワイイネ」 子犬のママになったことを報告 日本語で話しかける姿も公開

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

大坂なおみ選手【写真:Getty Images】
大坂なおみ選手【写真:Getty Images】

 今年は夏季の東京五輪、来年は冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題から、この機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回はフレンチブルドッグの子犬を迎えたテニスの大坂なおみ選手(日清食品)が、それを報告する2日のインスタグラム投稿。柔和な表情を浮かべ、子犬を披露する大坂選手の様子をご紹介します。

 ◇ ◇ ◇

子犬の名前は明かされず 「ピーピーちゃん」と呼びかけているようにも?

 大坂なおみ選手が“ママ”になりました。インスタグラムで投稿したのは、お迎えしたばかりの子犬が写った5枚の写真と2本の動画。投稿には「私は母、ドラマはないの」とTikTokで流行ったミームのフレーズを引用したメッセージが添えられています。

 子犬は毛色がクリームのフレンチブルドッグ。鼻や肉球はピンク色、目はブルーのとても愛らしい顔をしています。

 添付された1番目の写真はカメラ目線の大坂選手と子犬のツーショット。そして2番目は動画で、車の助手席で子犬を優しく抱っこする姿が収められています。子犬の正式な名前は明かされていませんが、「ピーピーちゃん」と呼びかけているようにも。

 また5番目の動画には、ランニングマシンでトレーニングする大坂選手を、子犬が首を傾げながら見つめています。メロメロといった声色で言葉をかける大坂選手。動画の最後には「カワイイネ」と日本語で話しかけている様子もみられます。

 投稿には同じプロテニスプレーヤーのヴィーナス・ウィリアムズ選手(米国)やアーティストなどの著名人から祝福のコメントが。

 また、大坂選手は6月にうつ病を公表し、全仏オープンを途中棄権していることを受けて、「これはまさに必要としていたものですよね。彼はとてもかわいい」「犬=心の安らぎ」「かわいいいい」など、愛犬に心を癒やされた大坂さんがコートで再び輝く姿を期待するファンからの声援もみられました。

(Hint-Pot編集部)