海外ニュース

ケイト・モス 20代にしか見えない セレブも言葉を失う美しきランジェリー姿が話題に

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

ケイト・モス【写真:Getty Images】
ケイト・モス【写真:Getty Images】

 キム・カーダシアンが2019年に立ち上げた補正下着ブランド「スキムス(SKIMS)」の新たな広告塔として、現在47歳のケイト・モスが起用された。キムは発表に伴い、自身の公式インスタグラムに写真を投稿。スーパーモデルの変わらぬ美貌に驚きの声が上がっている。

 ◇ ◇ ◇

キム・カーダシアンの補正下着ブランドとタッグ

 今年47歳を迎えたモデル界のレジェンド、ケイト・モス。しかし、その美しさは衰え知らずのようだ。

 キムのインスタグラムに公開されたのは、7枚の写真と2本の動画。シンプルなブラックのブラレットとパンティのセットや薄手のブラックレギンス、ベージュのボディスーツなど、ケイトはさまざまなランジェリーを着こなしている。

 そんなケイトについて、英雑誌「ハロー」は「実年齢の半分ほどにしか見えない」と伝え、ゴージャスすぎると絶賛。またキムの友人やファンもこの発表に大興奮したようで、モデルのヘイリー・ビーバーは「ヤバイ」と反応。仏高級メゾン「バルマン」のクリエイティブ・ディレクター、オリヴィエ・ルスタン氏も「ワーーーーーオウ」と言葉にならない様子だ。

 同ブランドは当初「キモノ(KIMONO)」と命名されたが、日本文化を蔑視していると非難の声が上がったことから「スキムス」に変更された。しかし注目度は高く、いざ発売されると販売開始から数分間で約2億2000万円の売り上げを達成したといわれている。

 また今年6月には、東京五輪の米国選手団公式ウェアとして代表選手に下着やラウンジウェアを提供すると発表。キムの実業家としての手腕もますます注目を集めている。

(Hint-Pot編集部)