暮らし

“いい女”だから小さめバッグにしたけれど…現実との落差を描く漫画に「分かる」の声殺到

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

漫画のワンシーン【画像提供:かるめ(karume_life)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:かるめ(karume_life)さん】

 日本各地で梅雨明けが宣言され、本格的な夏が到来しました。暑い日差しが降り注ぐ中、外出していると飲み物を持ち歩く機会が増えます。おしゃれのために小さめのバッグを持っていると荷物が増えて困るもの。多くの女性が思わず共感してしまう、“あるある”漫画をご紹介します。作者のかるめ(karume_life)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

思わず「あるある!」と叫びそうな女子の日常

 インスタグラムやツイッター(@kwkrart)で、同世代女子を中心に人気を集めているイラストレーターのかるめさん。主に日常の“あるある漫画”を発表しています。

 その感性はとってもユニークでチャーミング! 深夜2時にカップラーメンの誘惑に負けてしまうことを「妖怪・胃小僧のせい」にするなど、共感すること間違いなしの出来事を、思わず吹き出してしまいそうになるほど軽快な漫画に仕上げています。

 最近、多くの共感を呼んだのは、自分なりに“いい女”をイメージして素敵な服を身にまとい、小さめバッグ&日傘を手に家を出た日のエピソード。ところが……強い日差しにのどの渇きを覚え、「“いい女”だからアセロラジュースを飲もう!」と立ち止まった自動販売機の前で、かるめさんはひどい葛藤を覚えます。

 何とアセロラジュースの隣には、その日の“いい女”行動を全て台無しにしてしまう、大きなトラップがあったのです。それは“デカくてお得な麦茶”。その日持ってきた小さめのバッグには到底収まりません。

 そこでかるめさんが取った行動に読者は大爆笑! 特に女性読者からは、「分かる……分かりすぎる(涙)」「私は小さめバッグと一緒に持っていったエコバッグすら、いつの間にかパンパンです」といった共感コメントがたくさん付きました。

暑い季節は小さめバッグで悩む季節

 かるめさんに、漫画について詳しいお話を伺いました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは?
「毎年暑くなってくると、自動販売機でペットボトルの飲み物を買う機会が増えます。けれどもバッグが小さいとどれを買おうか毎回悩むので、他の方にも共感していただけたらうれしいなと思い、描いてみました」

Q.その日は完璧な“いい女”スタイルで、どこへお出かけしたのですか?
「友達と表参道にお買い物にいく予定でした」

Q.“いい女”がアセロラジュースを選ぶのは、やっぱり美容を意識しているからですか? 他に、かるめさんが考える“いい女”が選ぶべき飲み物や食べ物を教えてください!
「はい、『美容を意識して』です。(“いい女”の食べ物&飲み物で言うと)月並みですが、他にはルイボスティーやミックスナッツとかでしょうか……!」

Q.(“いい女”の象徴とも言える)小さめバッグには、いつも何を入れていますか?
「日焼け止めはマストです! 後はハンカチとお財布くらいです」

Q.大きな反響となりましたが、心に残った読者さんからの感想があれば、教えてください。
「すごく共感したのは『昔は小さめバッグをよく使っていたけど、最近は毎日リュックになってしまった』という感想です。『見た目より実用性を重視した方がいいよな~』と思いました」

 おしゃれのために我慢をしすぎて熱中症になってしまったら元も子もありません。ファッションや美容を楽しみつつ、健康にも十分気を付けましょう。

(Hint-Pot編集部)