海外ニュース

メーガン妃が制作の新アニメシリーズ 主人公のモデルは自分自身? 英紙が推測

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 昨年9月、ネットフリックスと超大型契約を締結し世間をあっと言わせたヘンリー王子とメーガン妃。しかしその後に制作が発表されたのは、王子が後援するインビクタス・ゲームに参加するアスリートを追ったドキュメンタリー1本だけだった。コンテンツ制作が順調に進まない状況にネットフリックス側もプレッシャーをかけるのではと英メディアが記事を掲載した矢先、反論するかのように新プロジェクトとなるアニメシリーズの制作を発表。しかもシリーズに登場する主人公は、妃自身がモデルになる可能性があるという。

 ◇ ◇ ◇

「Meghan」の語源であるギリシャ語に注目

 ヘンリー王子とメーガン妃夫妻の映像制作プロダクション「アーチウェル・プロダクション」は現地時間14日、妃がネットフリックス配信の新アニメシリーズ「Pearl(仮題)」で制作を手がけると発表した。プレスリリースによると、歴史上の偉大な女性たちに触発された12歳の少女「パール」を主人公にしたファミリー向けの内容だという。

 各紙がこのニュースを報じる中、英大衆紙「デイリー・メール」はこの主人公は幼き日の妃自身をモデルにしているようだと推測している。

 同紙がその根拠とする根拠は主人公の名前。同紙によると、妃の名前「Meghan」は英ウェールズ地方に起源を持ち、ギリシャ語の「margarites(Margaret)」から派生したもの。そして、そのギリシャ語の意味は「真珠(パール)」だという。

 つまり、主人公の名前を「パール(真珠)」としたことで、暗に妃自身の存在を示しているとも言えるのだ。

 さらに、今回のアニメシリーズに関するリリースには、「12歳のヒロインが日常のチャレンジを通して最終的に自分自身を見つける旅」とある。ということは、妃が子ども時代に経験した実際のエピソードも盛り込まれるということだろうか。

 共同プロデューサーには、英大物歌手エルトン・ジョンの配偶者であるデヴィッド・ファーニッシュ氏の名も連ねられている。エルトンといえば、ダイアナ元妃の親友でヘンリー王子との親交も深い人物。そんな人物のパートナーと組んだ妃は一体どんなアニメを生み出すのか? その創造力のお手並み拝見ということになりそうだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)