海外ニュース

ウイリアム王子夫妻 いつかは必ず渡米する? ヘンリー王子夫妻との和解を専門家期待

著者:森 昌利

タグ: , , , ,

(左から)ウイリアム王子、ヘンリー王子、メーガン妃、キャサリン妃【写真:Getty Images】
(左から)ウイリアム王子、ヘンリー王子、メーガン妃、キャサリン妃【写真:Getty Images】

 ヘンリー王子は2019年10月、南アフリカツアーに密着したドキュメンタリー番組のインタビューで「兄とは別々の道を歩んでいる」と発言し、兄ウイリアム王子との不仲を示唆。そして“王室引退”以降も、暴露インタビューから続く一連の王室批判で兄弟関係は悪化の一途をたどっているようにみえる。しかしある王室専門によると、そんな2人の和解をさせる手立てはまだ残されており、しかもそれは“いずれ起こる可能性がある”ものだという。

 ◇ ◇ ◇

コロナ禍では実現困難も「時間の問題」と王室コメンテーター

 兄弟仲が悪化の一途をたどり、関係修復は不可能にも思える状況に打開策はあるのか――。王室コメンテーターのマンディ・デキャンプ氏とモーリー・マルシャイン氏は先日、ポッドキャスト番組「Royally Us」でウイリアム王子とヘンリー王子の不和解消を実現させる方法について語った。

 英大衆紙「デイリー・スター」の記事によると、両氏が番組で兄弟関係修復の打開策として挙げたのは「ウイリアム王子とキャサリン妃夫妻が渡米しヘンリー王子一家に会いに行く」こと。両氏は、この考えが荒唐無稽だとは考えていないという。

 その根拠としてマルシャイン氏は、ウイリアム王子とヘンリー王子が独身時代に仲の良い友人グループと米国にお忍び旅行をしたことを挙げた。かつての楽しかった思い出から、渡米はいつの日か実現するという考えだ。

 両氏はコロナ禍の影響を考慮し、ウイリアム王子夫妻の渡米が近い将来ではないことも指摘している。だが、それでも実現は“時間の問題”として、劇的な兄弟和解に期待を示していた。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)