海外ニュース

ヘンリー王子回顧録に識者ら一斉反発 「最後のとどめを刺す」「人生で最悪の間違い」

著者:森 昌利

タグ: , ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 3月の暴露インタビュー番組では夫妻で、米俳優のポッドキャスト番組とApple TV+のドキュメンタリーシリーズでは夫単独で、暴露や王室批判を続けたヘンリー王子とメーガン妃夫妻。今度は「この本は王子として生まれた自分ではなく、1人の男として書いている」というフレーズとともに回顧録の出版を発表した。さらなる暴露の予感に英国の著名王室記者や王室作家たちは揃って警鐘を鳴らしている。また、父チャールズ皇太子が受けた衝撃はひときわ大きいとする指摘もある一方、王子の“メインターゲット”は皇太子ではないかとする推測もあるようだ。

 ◇ ◇ ◇

王室側の衝撃を訴える情報筋 モーガン氏はやはり称号剥奪を提唱

 回顧録出版発表から二夜明けた現地時間7月21日、英メディアはヘンリー王子のさらなる決断に猛反発する記事で満載になった。一体どのような内容になっているのか、まずは英大衆紙「デイリー・メール」が掲載した一連の記事から順に見てみよう。

 同紙の王室編集者レベッカ・イングリッシュ氏は、今回の回顧録出版で「王室内には『実に不敬』という意識が広がっている」と記し、バッキンガム宮殿を襲った衝撃の大きさを伝えた。

 王室が最も激怒したのは「明らかに意図的な」出版のタイミングだという。出版社の発表ツイートによると、出版は2022年の後半。しかしこの年はエリザベス女王の戴冠70周年記念に当たり、かねてから報じられている通り多数の記念式典やイベントが企画されている。回顧録の内容次第では前人未到となる偉業が成し遂げられる年を貶め、耳障りな雑音を生み出すのは確実で“最悪”と言える。

 また同氏は、こうした王室上級スタッフの非難の声が高まれば「ヘンリー王子とメーガン妃の戴冠70周年記念式典招待が取り消される可能性もある」と結論付け、回顧録出版が王室と王子夫妻の関係を完全に終焉させる可能性を警告した。

 メーガン妃の天敵である有名司会者、ジャーナリストのピアーズ・モーガン氏もコラムを寄稿。「サセックス公爵夫妻(ヘンリー王子夫妻)がエリザベス女王の『決して不平を言わず、説明もせず』という有名なモットーを『常に不平を言い、説明しまくり、愚痴を漏らし続ける』に変えた」と痛烈な筆致で批判した。そしてまたここで再び「2人から称号を取り上げるべき」と強硬に主張している。