動物・レジャー

へその緒が付いたまま放棄された元保護ねこ 空き箱で器用に遊ぶおてんば娘に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ティッシュ箱の取り出し口から頭と右前足を出すお茶目な格好に【写真提供:ごま(@open_sesame0325)さん】
ティッシュ箱の取り出し口から頭と右前足を出すお茶目な格好に【写真提供:ごま(@open_sesame0325)さん】

 ねこは箱好きであると同時に、遊び道具にするのも得意。人間にとっては不用なものでも、すぐにお気に入りのおもちゃへと変えてしまいます。ツイッター上では近頃、ティッシュ箱で遊び始めた結果、お茶目な姿を披露してしまった子ねこが話題に。飼い主のごま(@open_sesame0325)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

生後間もなく神社に捨てられていたところを保護 施設で虜になりお迎え

 ティッシュ箱の取り出し口から頭と右前足を出し、シュールな体勢を披露しているキジ白の子ねこ。生後3か月の女の子「ごま」ちゃんです。写真のわんぱくな様子からも伝わる通り、飼い主さんいわく性格は「人懐っこく元気いっぱいのおてんば娘」とのこと。

 かわいいお名前は、飼い主さんのパートナーが一目見た瞬間に「この子は『ごま』にしよう」と決めたそうです。

 そんなごまちゃんと飼い主さんの出逢いは保護ねこ施設でした。同施設のウェブサイトを見ていたところ、ごまちゃんに目が留まり見学へ。実際に会ってみると、すぐによちよち歩いて飼い主さんの膝の上に乗り、小さな声で鳴いたそうです。その様に飼い主さんはハートをがっちり掴まれ、「この子をお迎えしよう」と決めました。

 そうして飼い主さんの新しい家族になったごまちゃんですが、保護された当初は一時命の危険もあったほど厳しい状況に置かれていたそうです。

 保護主さんがごまちゃんたち4匹を発見したのは神社。箱に入られて捨てられていた4匹は乳飲み子で、へその緒も付いたままだったそうです。施設に引き取られましたが、ごまちゃんだけは下痢がひどかったそう。

 飼い主さんは「他の子に比べると小さく見えました」と、お迎えにあたってごまちゃんと対面した当時を振り返ります。飼い主さんの家族になった後はすくすくと成長し、生後1か月半ほどで440グラムに。今ではすっかり元気いっぱいのおてんば娘です。

数分間遊んでいたものの箱が破れると…

 ごまちゃんはまだ生後3か月のため、目にするものすべてが新鮮。ある日、飼い主さんがティッシュの空き箱をつぶそうとした時、ごまちゃんはすかさず箱に飛び付くと中に入って遊び始めたそう。そして、今回の写真にある通り、取り出し口から頭と右前足を出すお茶目な姿を披露しました。

 そうして数分間ほど遊んでいたごまちゃんですが、箱が破けて遊べなくなると興味を失ったのか、あっさり置き去りにしてしまったとのこと。

 箱で遊ぶごまちゃんの写真がツイッター上で公開されると、早速話題に。3500件を超える“いいね”が付いた他、リプライ欄には「変わったお洋服だね!?」「こんなかわいい子が出てくるエルモア欲しい」「無限に引き出したいティッシュ」「器用ですね」「めっちゃかわいい」など、さまざまな反応が寄せられました。

 ちなみに飼い主さんによると、ごまちゃんが最近ハマっている遊びはピンポン玉でのサッカー。ただ、ボールが小さいためケージの下や物の隙間に入って取れなくなり、覗き込んでいる姿がよく見られるそうです。

 これからも飼い主さんとたくさん遊んで元気に過ごしてね、ごまちゃん!

(Hint-Pot編集部)