動物・レジャー

「キュート!」元保護ねこの“箱入り娘”ぶりが話題 一時預かりが本格お迎えに変化するまで

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

“箱入り娘”のつきひちゃん、話題の一枚【写真提供:さんぬこさん(@sunnuko)】
“箱入り娘”のつきひちゃん、話題の一枚【写真提供:さんぬこさん(@sunnuko)】

「箱入り娘。かわゆすぎて頭おかしくなりそう」――愛情たっぷりのメッセージが添えられた一枚の写真。白黒のハチワレねこちゃんが、段ボール箱の中でおすまししています。あまりの愛らしさに、「ジャストフィットに癒やされました」「とてもキュート!」「わぁ~かわいぃ」など、メロメロになる人が続出中です。飼い主さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

偶然見つけたツイート 3匹の子ねこを保護した姉妹から引き受けることに

 真ん丸なアンバーの瞳でカメラを見つめる「つきひ」ちゃんは元保護ねこ。5歳の女の子です。茶白の「しのぶ」くんと黒トラの「かれん」くんというきょうだいねことともに、生後間もない頃、雨の降る公園で鳴いていたところを保護されました。

 しかし、3匹は目ヤニや鼻水がひどい状態。保護主さんは小学生と中学生の3姉妹でお金がなく、病院に連れていくことができません。3姉妹が困り果てていたところ、助け舟を出したのが飼い主さんでした。

「元々、結婚後に落ち着いたらねこを飼う予定だったので、準備を整えて里親掲示板やツイッターでねこを探していたんです。その中で偶然、子ねこ3匹の里親を探しているツイートに出会いました」

 お迎えを希望する人はたくさんいたそうですが、保護主さんは3匹一緒の引き取りを希望。また、目ヤニがひどい子もいたため、里親探しに難航していました。しかも保護主さんたちが暮らしているのはペット不可物件。そのため保護から5日ほど経つと、3匹を匿うにも限界が来ていたといいます。

「捨てるしかない、と切羽詰まった状況であることをお聞きし、一時的に3匹を預かることにしました。そしてまずは3匹を病院に連れていこうと」

 飼い主さんは当初、短毛のメスを1匹か2匹お迎えしたいと考えていました。そのため保護主さんから事前に、子ねこたちの体調が落ち着いたら1、2匹を手元に残して里子に出す許可を得て、預かることになったそう。

「引き渡しの際に保護主さんとお会いするまで、まさか子どもとは思っていなかったのでとても驚きましたね。保護の際は、親ねこが戻ってこないか雨の中、3姉妹で数時間も観察した上で保護したとのことでした」