暮らし

メガネ男子好き騒然 トルコ旗手がイケメンすぎると話題に「調べまくった」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

トルコ代表の旗手として入場したベルケ・サカ選手(左)【写真:Getty Images】
トルコ代表の旗手として入場したベルケ・サカ選手(左)【写真:Getty Images】

 東京五輪がついに開幕し、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題からこの機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回は23日、東京五輪開会式の各国選手団入場行進にて、メガネ男子好きの女子を夢中にさせたトルコ人騎手についてです。

 ◇ ◇ ◇

競泳背泳ぎに出場 18歳のベルケ・サカ選手

「トルコの旗手のメガネ男子、気になって調べたらどちゃくそイケメンで草」

 入場行進の最中、ツイッター上で大きな話題となったのが、競泳男子背泳ぎ200メートルに出場する18歳のベルケ・サカ選手(トルコ)です。

 競泳女子自由形の400メートル、800メートル、1500メートルに出場する16歳のメルヴェ・トゥンジェル選手とともに、トルコ五輪選手団最年少の2人が旗手を務めるとあって、開会式前から注目を集めていました。

 襟元がフラッグカラーの赤でパイピングされた、純白のスーツに身を包んだサカ選手は、クラシカルなボストン型のメガネをかけて登場。柔和で知的な印象です。トゥンジェル選手とともにマスク越しでも分かる満面の笑みで国旗を持つ姿は、少年らしさを残しつつも精悍。そんな初々しい姿が日本の女性ファンたちの心を掴みました。

「さっきからずっとトルコの旗手のこと調べてます」「トルコの旗手めちゃめちゃかっこいいなと思って調べたら、同じこと思ってる人いっぱいおったw」「トルコの旗手の顔がスイートイケメンすぎるメガネ」など、たくさんのコメントがツイッター上で確認できます。

 ちなみにサカ選手が出場する競泳男子200メートル背泳ぎ・予選は、7月28日(水)の午後7時19分に開始予定。活躍に期待が集まります。

(Hint-Pot編集部)