恋愛・夫婦

性行為を充実させるためのコツは? 感じさせたい人&感じたい人が一緒に考えたいこと

著者:yoshimi

教えてくれた人:OliviA

タグ:

ラックスできる環境づくりが大切(写真はイメージ)【写真:写真AC】
ラックスできる環境づくりが大切(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 性との向き合い方に悩む読者の皆さんから寄せられたご相談に、ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さんが優しく回答するこの連載。今回のテーマは【性行為の満足度】です。お互いに充実した性行為をするために“必要なこと”とは一体何か? 女性側と男性側からの質問を通じて、OliviAさんと一緒に考えてみましょう。

 ◇ ◇ ◇

リラックスできる環境を整えれば自然と受け入れ態勢に

【今回のお悩み1】
「彼女との性行為をもっと充実させたいと考えています。彼女の感度を上げるにはどうすれば良いですか?」(Gさん)

「女性を感じさせたい」という男性からのご相談を受けていると、性器を集中的に愛撫されている方が多いなと感じます。テクニックに凝ろうとする方もいらっしゃいますが、実は女性が感じるために必要なことはリラックスです。

 そのためまずは、リラックスできる環境作りから優先していただきたいですね。そういった雰囲気だと、女性も自然と受け入れ態勢になることができます。その分、感じやすくなるのではないでしょうか。

 また、性行為の内容をヒアリングしていると、過程をいつも同じパターンにしている方も少なくありません。焦らしを入れてみたり、そのパターンを崩してみたりなど、少し変化を付けるだけでも満足度は上がるのではないでしょうか。

 性感帯は胸と性器だけではなく、男女とも全身に散らばっています。頭からつま先まで、どこに性感帯があるのかを2人で探してみるのもおすすめです。新しい性感帯を2人で開発していってみてはどうでしょうか。前戯や愛撫の幅も広がっていくかもしれません。

パートナーからの期待がプレッシャーになることも

【今回のお悩み2】
「女性です。『もっと感じてほしい』という彼からの期待に応えたいのですが、なかなかうまくいきません。何か意識的なコツなどはありますか?」(Aさん)

 実際にご相談にいらっしゃる方の中には、彼から「もっと感じてほしい」と言われて悩んでいるという方も少なくありません。「逆にそれがプレッシャーになっていませんか」と、最初にお聞きしたいと思います。

「期待に応えたい」という気持ちはとても素敵です。「相手がもっと感じてほしいから」と、いろいろと手を尽くしてくれるのも素晴らしいこと。

 ですが、それがプレッシャーになってしまうと逆効果ですよね。「イケなかったらどうしよう」「こんなにしてくれているのに」と焦ったり、緊張したりしてしまうと余計に感じにくくなってしまいますから。

 性行為の時には相手からの期待などを考えず、リラックスしていただきたいです。その時間を楽しむ、心地良さに身をゆだねる。そうした部分を重視すると、自然と感度も上がっていくのではないでしょうか。