恋愛・夫婦

EDや中折れ…パートナー側からは踏み込みにくい悩み 耳を傾けてもらう話し方とは

著者:yoshimi

教えてくれた人:OliviA

タグ:

男性の性機能に関する悩みを前向きに解決していくには(写真はイメージ)【写真:写真AC】
男性の性機能に関する悩みを前向きに解決していくには(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 性との向き合い方に悩む読者の皆さんから寄せられたご相談に、ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さんが優しく回答するこの連載。今回のテーマは【男性の性機能】です。EDや中折れなど「パートナーには踏み込んでほしくない」という方も多い繊細なお悩みに、一体どうアプローチすればいいのでしょうか? OliviAさんと一緒に考えてみましょう。

 ◇ ◇ ◇

「2人のこれからにとって大事なこと」として話す

【今回のお悩み1】
「パートナーが性機能不全(ED)のためセックスレス中です。通院をしてほしいのですが、言い出す度に嫌がられます。やはりプライドに関わる話なのでしょうか? 通院をしてもらうためにはどう説明すれば良いですか?」(Uさん)

 パートナー側からのアプローチとして、「病院に行ってほしい」と伝えることは男女問わず難しいもの。伝える相手が男性の場合は特に難しいですよね。プライドに関わることでもあるでしょうし、「そこはパートナーに踏み込んでほしくない領域」と考える人もいらっしゃると思います。

 毎回お話ししていますが、パートナーとの悩みは2人の問題。ですから、性機能に関して伝えたいことがある時も「2人にとって大事なこと」といった感じで話すと、耳を傾けてもらえるのではないでしょうか。

「あなたのせいで性生活がうまくいかないから病院に行ってほしい」ではなく、「これからの2人の関係をより良くしたい。そのために大事なこと」というイメージです。

性行為の悩みではなく「健康状態が心配」というアプローチも

 また、「健康状態が心配だから」という方向から話すこともおすすめです。

 EDの原因には糖尿病や心理的な抑うつ状態など病気が隠れていることも考えられます。「最近ちょっと体調が悪そうだから心配している」といったアプローチも有効なのではないでしょうか。

 もしお子さんが欲しいと思っているのであれば、より深刻ですよね。家族のことであり、これからのライフプランにも関わる問題です。その場合は「妊活したいから一緒に行ってみない?」といった感じで話してみてはいかがでしょうか。2人の関係性に合わせたアプローチを考えると、話し合いもスムーズに進むのではと思います。