暮らし

日の丸入りの手編み金メダルケースが「超かわいい」 英国の“飛び込み王子”に称賛続々

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

トーマス・デーリー選手【写真:Getty Images】
トーマス・デーリー選手【写真:Getty Images】

 連日熱戦が繰り広げられている東京五輪。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題からこの機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回は、男子シンクロ高飛び込みで金メダルを獲得したトーマス・デーリー選手(英国)が自身のインスタグラムアカウント(madewithlovebytomdaley)で公開した“手編み”のメダルケース。キュートな作品が反響を呼んでいます。

 ◇ ◇ ◇

競技翌日に短時間で作られたとは思えないほど見事な出来栄え

 ペアを組んだマティ・リー選手とともに、五輪挑戦4度目にして自身初の金メダルを手にしたデーリー選手。競技翌日の27日には、自身のインスタグラムアカウントに1本の動画を公開しました。

「編み物を学んだ経験は五輪でも生かされ、昨日金メダルを獲得できました。そして、それを入れるケースも作りました! イエイ!」というキャプションが添えられた今回の動画。「この大会で自分に平静を保たせてくれたのは、編み物に対する愛です」と語ってから得意げに披露したのは、大切なメダルを収納するために作った“手編み”のケースでした。

 ケース両面には英国と日本の国旗が。実際にメダルを収納する様子では、メダルの幅にぴったりでストラップも問題なく収まり、まさにジャストサイズです。かわいらしい出来栄えはもちろん、競技翌日に短時間で作られたとは思えない完成度の高さにも驚かされます。

 今回の動画が公開されると、早速話題に。コメント欄には「素晴らしい出来栄えだ、トム!」「チームメイトにも作ってあげて!」「超かわいい」「今朝インスタグラムで見た一番かわいいものでした」「編み物も飛び込みもアメージング」など、称賛の声が多数寄せられていました。

 8月6日(金)午後3時から行われる男子10メートル高飛び込み予選にも出場予定のデーリー選手。こちらでもメダル獲得と次回作公開に期待が高まります。

(Hint-Pot編集部)