暮らし

帰宅したら玄関に放置…はNG! 仕事運と人間関係運に関わる腕時計の扱い方は?

著者:みよこ先生

タグ: ,

お気に入りの腕時計をはめて仕事運をアップ!(写真はイメージ)【写真:写真AC】
お気に入りの腕時計をはめて仕事運をアップ!(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ファッションの一部と考える人も多い腕時計。コーディネートに合わせた複数持ちや一点豪華主義、実用性重視など、選び方は人それぞれです。そんな腕時計に風水は関係しているのでしょうか? そこで、気軽に実践できるオリジナル風水で人気のみよこ先生からプチ風水を学んでみましょう。腕時計の形や素材などを意識するだけで、運気の流れはガラリと変わるようですよ。

 ◇ ◇ ◇

腕時計は仕事運と人間関係運アップに深く関係

 ファッションアイテムにはそれぞれ“関わりの深い運気”があります。今回お話しする腕時計は、主に仕事運と人間関係運。どちらの運も「きちんと予定を立てる」「約束の時間を守る」ことが基本ですよね。腕時計はそれを象徴するアイテムです。

 また、時計の針は右回りに動きます。みよこ流で、右回りは気合を入れることができる“気の流れ”。例えば、私はよく「パートナーが仕事へ行く時は、背中を右回りに3回さすって送り出してあげてくださいね。そうすると気合を入れて一日お仕事ができますよ」とクライアントさんにお伝えしますが、それと同じ。針が右回りに動く腕時計を身に着けることで、持ち主に気合を入れてくれるんです。

 ちなみにこれは、アナログ時計に限ったことではありません。“時を刻む”のはデジタル時計も同じですよね。どちらの腕時計も、仕事運を上げる重要な鍵になります。

ゴールドの腕時計を使うと仕事のキャリアアップに効果大!

 文字盤が丸い腕時計は、仕事運アップにうってつけです。いい仕事をするためには、取引先やお金など、さまざまなところで良いご縁を結ぶことが大切。そのため“円=縁”の力で、仕事力を引き上げることができます。

 ちなみに、文字盤の色は運気アップとあまり関係がないかなと思います。自分のテンションが上がるような、好きな色を選ぶのが一番です。

 ただし場合によっては、遊びと仕事で腕時計を使い分けた方がいいかもしれません。あまりに派手な文字盤は、仕事の場にふさわしくありませんから。それに、そんな腕時計を使っていると、他の人から良くない念を受ける可能性があります。

「高級な腕時計を着けている方が運気は上がりますか?」と聞かれることもありますが、値段の高い安いは、まったく運気に関係ありません! ただし、安くてもいいけれど、古くてベルトがボロボロな状態など、見た人に「えっ?」と思われるような腕時計は使わない方が無難。

 また、高級でなくても、ゴールド素材の腕時計は仕事運アップに効果があるのでおすすめです。ゴールドは、持っている人を高い次元に引き上げるパワーを秘めています。そのため、転職などでキャリアアップを狙っている場合は、特に強い効果を発揮してくれるはずです。

白いハンカチの上に置き、部屋の東で休ませると吉

 身に着けるファッションアイテムは、一日使うとよどんだ気をまといがちです。夜は、人と同じようにゆっくり休ませてあげましょう。すると新たな気を取り込み、翌日からもフル回転であなたの運気アップを助けてくれます。

 では、家のどこで休ませてあげると良いのでしょうか? 仕事運や人間関係運と関わりが深い時計は、東側と好相性。部屋の東に白っぽいハンカチなどを敷いて、その上に置きましょう。東は太陽が昇る方角でもあるので、朝一番の太陽の気を取り込むこともできて一石二鳥です。運気アップアイテムとしてのパワーをさらに高められますよ。

 余談ですが、玄関に置いた小物入れに、鍵や腕時計をポンと放っておく方が時々いらっしゃいます。けれど、玄関はいろいろな気が出入りする場所なので、時に悪い気が入ってくることも……。すると、腕時計がその悪い気の影響を受けてしまう恐れがあるんです。

 もしも運気アップを望むなら“腕時計を玄関に置きっぱなし”にするのは、風水的にNGだと覚えておいてくださいね。

(みよこ先生)

みよこ先生(みよこせんせい)

講演会やセミナー、個人鑑定を通してスピリチュアルなメッセージを伝える他、“みよこ流”と呼ばれるオリジナル風水術を伝授して、明るいパワーで相談者を幸せに導く不思議な力の持ち主。「府中の神様」や「フューチャーリーダー」などと呼ばれ、全国各地で活躍中。「“愛する力”がつく心の子育て」(角川学芸出版)、シリーズ累計20万部突破の「みよこ先生シリーズ」(主婦と生活社)など著書多数。雑誌「週刊女性」(主婦と生活社)でも好評連載中。「まぐまぐ!」にて有料メルマガ配信中。(https://www.mag2.com/m/0001693573
公式ブログ:https://ameblo.jp/miyokosensei/