暮らし

運気アップにも「見た目が9割」って本当ですか? みよこ先生のファッション風水

著者:みよこ先生

タグ: ,

毎日の服選びも運気に影響?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
毎日の服選びも運気に影響?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 気軽に実践できるオリジナル風水で人気のみよこ先生。雑誌の連載や全国各地のセミナーで活躍中です。そのみよこ先生から“プチ風水”を学ぶ連載が、今回から新章に突入します! 新たなテーマはファッション。外出が制限されている状況でも、身だしなみに気を使うことで生活にハリが出るとも言われています。それはどうやら、風水でも同じよう。第1回は“見た目”と運気アップの関係について、ファッション風水の基本を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

他人から受ける「素敵だわ」「不潔ね」の印象が、運気を左右する

 皆さん、こんにちは。みよこです! 今回からはファッションをテーマにお届けしていきます。お洋服はもちろん、バッグや靴などの小物、メイク、髪型についても、運気アップの風水テクニックをお伝えしていきますので、楽しみにしていてくださいね。

 まずは、「見た目と運気がどう関わっているか」というお話から。勘違いしないでいただきたいのですが、ここで言う“見た目”とは、容姿など努力でどうにもならない部分を指すのではありません。服装や髪型など、自分次第で変えることができる部分です。

 ベストセラーになった「人は見た目が9割」(新潮社刊)を覚えていらっしゃる方も多いでしょう。風水でも「あの人は、あまり幸せじゃなさそう」「彼女はいつもおしゃれで素敵ね」など、他人からの“見た目”が運気に関わるケースも多いのです。というのも、人の念には大きな力があるんです。

 例えば、いつも毛玉だらけのニットを着ていたらどうでしょうか? 「あの人、ケチそう」「だらしなさそう」など、良くないイメージを持たれる可能性もあります。すると、そのマイナスのエネルギーが入ってきて、運気ダウンにつながることもあるのです。

 特に不潔な服や着古してヨレヨレの服は、それ自体にも邪気がまとわりつきやすいもの。服選びは自分の「好き」「心地よい」が一番大切ですし、そもそも人を見た目だけで判断するのは良くないことです。けれど、もしも運気アップを目指すなら、他人から眉をひそめられるような、清潔感を欠いた服装は避けた方が良いと思います。

明るい色を取り入れると運気アップの歯車が回り始める

 私のクライアントさんにも、ファッション系のアドバイスで運気の流れが変わった方がたくさんいらっしゃいます。

 例えば「なかなか結婚できない」と言って相談に来る方は、暗い色の服を着て、女性の場合は目が隠れるほど長い前髪で顔を隠している方が少なくありません。人の内面は、付き合ってみなければ分かりません。とはいえ、第一印象が暗いと、付き合う前から性格も暗いと思われがちです。

 お相手もやはり、結婚するなら明るい笑顔でともに過ごせるパートナーを選びたいはず。暗い色の服を着てほとんど顔が髪で覆われている人には、そばに行って話したい気持ちになかなかなれないし、結婚も考えにくいでしょう。

 そこで私はいつも、明るい色の服を着て、顔をすっきり出すようにアドバイスします。最初はみんな恥ずかしそうに戸惑っていても、不思議と明るい笑顔が増えていくんですよ。すると、愛情運の歯車が回り始めます。“見た目”を変えて間もなく「結婚が決まりました!」と報告してくださったクライアントさんは少なくありません。