海外ニュース

ダイアナ元妃を彷彿と王室ファン驚き 「ヴィクトリア・ベッカム」の新作ドレスが話題

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

ヴィクトリア・ベッカム【写真:Getty Images】
ヴィクトリア・ベッカム【写真:Getty Images】

「スパイス・ガールズ」の解散後は主にファッション業界でキャリアを重ね、現在は自身の名を冠したブランドの経営者兼デザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカム。先日も2021-22年秋冬コレクションの一着をインスタグラムで公開したが、今回は王室ファンからも大きな注目を集めているようだ。英誌によると「ダイアナ元妃にインスパイアされている」との声が上がっているという。

 ◇ ◇ ◇

80年代の元妃が愛したワードローブと似ている?

 モダンラグジュアリーな世界観で人気のブランド「ヴィクトリア・ベッカム」。ヴィクトリアが手がけるこのブランドは、メーガン妃やソフィー妃が愛用していることでも知られている。シーズンごとに刺激的なコレクションを発表しているが、2021-22年の秋冬はレトロかつ王室を感じさせるスタイルで勝負するようだ。

 ヴィクトリアは2日、秋冬新作を代表するドレスの動画と写真をインスタグラムで公開した。イチオシはパイクラストカラーをあしらった70年代風のオフホワイトドレス。ミリタリー風なディテールや繊細なフリル、プリーツなどをミックスさせた斬新なデザインだ。

 リボンスカーフのように装着する別売の赤いスタンドカラーとシルバーブーツのコーディネートを提案しており、そのマッチングがレトロとモダンの絶妙なバランスを演出している。

 また、別の投稿では自身が実際に着用している写真も公開。足元にブルーのパンプスを合わせ、「私のお気に入りのニューヨーク・ルックの1つ」と紹介している。ブランド公式サイトによるとこのドレスは「Ruffle Detail Pleated Midi Dress in Vanilla」で、価格は22万900円。

 この独特なレトロの雰囲気を醸し出すドレスにロイヤルファンが反応。英雑誌「ハロー」によると、特に襟元のデザインが「ダイアナ元妃の有名なブラウスを思い出させる」と話題になっているという。

 パイクラストカラーは、80年代を通してダイアナ元妃スタイルのカギと言えるデザイン。元妃はスカートやトラウザーパンツなどと合わせ、度々着用した。義娘のキャサリン妃も元妃にインスパイアされているのか、パイクラストカラーのアイテムを何度か披露している。

 ちなみに、ヴィクトリアの投稿には多くのファンから「ゴージャス!」「アイコニック」といった絶賛が寄せられる一方、「私がこれまでに見た最も醜いドレス」などの意見も。賛否両論が巻き起こっているようだ。

(Hint-Pot編集部)