海外ニュース

メーガン妃の異母兄「ハリー王子に警告した」 出演するリアリティ番組予告編で妹批判

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 メーガン妃の実父トーマス・マークルさんには、先妻との間に生まれた子どもが2人いる。長女サマンサさんは妃の異母姉、長男トーマス・マークル・ジュニアさんは異母兄だ。つい先日はトーマスさんが妃の誕生日に花束を贈って話題になったが、今回の“主役”はマークル・ジュニアさん。オーストラリアのリアリティ番組に出演することが正式発表され、その予告編で早速放った“妹批判”が大きな注目を集めている。

 ◇ ◇ ◇

「本当に浅はかな人間」と過激な言葉も

 1999年にオランダで放送されたリアリティ番組「ビッグ・ブラザー」。複数の男女による同居生活の様子をそのまま収録するという内容はフォーマット販売され、米国や英国などでも各国版が制作された。そして今回オーストラリアで制作されるのは、シドニー・オリンピック公園の敷地内でセレブ12人が生活するスピンオフ版「ビッグ・ブラザーVIP」だ。

 出演者の正式発表は現地時間8月8日だったが、7月後半にはメーガン妃の異母兄トーマス・マークル・ジュニアさんが撮影のため同国に入り、渡航者が検疫を受ける指定ホテルに移動したとの報道があった。当時に英大衆紙「メトロ」などが掲載した記事によると、先に出演が決まっていた英国の“極右”コメンテーター、ケイティ・ホプキンス氏の代打だという。

 そして今月8日、ついに出演者12人と紹介を兼ねた予告編が発表された。英大衆紙「デイリー・メール」電子版が掲載した動画を見ると、黒塗りのリムジンから降り立ったマークル・ジュニアさんは「僕がメーガン(妃)・マークルの兄」と語り出し、「ハリー王子(ヘンリー王子の愛称)には彼女(メーガン妃)が君の人生を台無しにすると警告した」と続けている。さらには「メーガンは本当に浅はかな人間」と過激な言葉で締めくくった。

 マークル・ジュニアさんは姉のサマンサさん同様、これまでも妃を度々糾弾。また飲酒運転での逮捕や妃の甥にあたる息子の逮捕などでもメディアをにぎわせてきた。今回の「ハリー王子に警告した」発言は、2018年5月に米雑誌「イン・タッチ・ウィークリー」で公開した手紙の内容を受けていると思われる。

「ビッグ・ブラザーVIP」は近日放映開始だが、果たしてこの予告編に続きどこまで過激に妹を語るのか。今後もその発言に注目が集まりそうだ。

 ちなみに、マークル・ジュニアさん以外の出演者にはドナルド・トランプ前米大統領のアドバイザーだったオマロサ・マニゴー=ニューマンさんやモントリオール五輪の金メダリストでのちにトランスジェンダーを告白したケイトリン・ジェンナーさんらが名を連ねている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)