海外ニュース

メーガン妃は「愛情深い人間だった」 ヘンリー王子のせいで性格変わったと父親が主張

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 メーガン妃の実父トーマス・マークルさんはこのほど英ニュース番組にリモート出演し、未だ絶縁状態が続く妃との関係や現在の心境について赤裸々に語った。そして妃がこれほどまでに冷たい対応をするのは、夫ヘンリー王子やその友人たちによる影響が大きいと主張した。

 ◇ ◇ ◇

誕生日にバラの花束を贈るも返答なし

 トーマスさんは2018年5月のヘンリー王子とメーガン妃結婚式直前に、パパラッチから謝礼を受け取り“ヤラセ写真”を仕組んでいたことが大々的に報じられた。それがきっかけとなり、親子は絶縁。妃は今年3月に放送された暴露インタビュー内でも、父親に「裏切られたと感じています。和解するのは難しいですね」と語っており、2人の関係は途切れたままとなっている。

 トーマスさんは義理の息子となったヘンリー王子ともこれまでに対面したことがなく、当然ながら2人の孫、アーチーくんとリリベットちゃんの顔も見ることができていない。こうしたつらい状況に置かれてすでに3年余りになる。

 英大衆紙「デイリー・メール」の記事によるとトーマスさんは現地時間12日、英大衆紙「ザ・サン」の元エグゼクティブ・エディターで英王室記者としても名高いダン・ウートン氏の番組「The Big Question」にリモート出演。インタビューに応じた。

 トーマスさんは4日に40歳を迎えた妃に対し、バラの花束を贈ったという報道について説明。「私は彼女の幸せな誕生日と明るい未来が続くよう願いましたが、まだ何の返答もありません」とその後の経緯を明らかにした。また、「2人の孫をいつか抱く日が来ることを願っています」と語るなど、感傷的だったという。

妃が米大統領選に立候補を目指しているという報道は完全に否定

 さらに妃が変わってしまったのはヘンリー王子のせいだと主張。心臓病が原因で結婚式に出席できなくなったトーマスさんに対し、王子がお見舞いだけでなく結婚の許しを乞いに来なかったことに疑念を抱いたという。そしてその後、絶縁となり親の病状を気にかけることもなく、一切連絡をしてこない夫妻を非難した。

「彼女(メーガン妃)は(ヘンリー王子と出会って)変わってしまった。私の知っている娘じゃない。娘はもっと愛情深い人間だった」

 ウートン氏は、トーマスさんが別の情報番組で「真っ赤な嘘をついている」と妃を批判したことについても質問。妃は若い頃も嘘をつく能力があったか尋ねると、トーマスさんはそれを否定した。

「いいえ、ハリー(ヘンリー王子の愛称)と出会って以降のことです。ハリーの影響です。ハリーや恐らくソーホー(高級会員制サロン)の友人たちのせいで、悪い意味で変わってしまったと思っている」と続けて、現在の絶縁状態の原因はヘンリー王子にあるとした。

 しかし2人の孫の話になると、声を詰まらせた。「私は『リリ』と呼んでいる。私のリリ。彼女にぴったりの名前です。リリベットとする必要はなかった。リリがパーフェクトな名前です」と語り出し、「本当に会いたい。心の底から会いたい。そして抱きしめたい。アーチーも同じだ」と涙声で訴えた。

 妃の誕生日に贈った赤いバラの花束には黄色いバラを2本混ぜたトーマスさん。それらはまだ会ったことのない“2人の孫”を表現したものだという。その会いたいという気持ちは真摯で強烈だ。

 ウートン氏は妃が米大統領選に立候補を目指しているという報道についても質問したが、トーマスさんはその報道について完全に否定。そうした考えは妃の頭の中に一切なく、夫妻と親交の深い米有名司会者オプラ・ウィンフリーが「押しやるだろう」と推測した。

 ヘンリー王子夫妻が米カリフォルニア州の豪邸へ移住したことで、メキシコに住むトーマスさんとの距離はわずか110キロとなった。ところが結婚式前に犯した過ちは未だ許されず、77歳となった祖父は今も孫たちとの対面を果たすことができず、つらい思いに苛まれている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)