海外ニュース

メーガン妃は“夫を立てない”? オバマ氏パーティーに招かれなかった3つの理由とは

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子夫妻とオバマ夫妻【写真:Getty Images】
ヘンリー王子夫妻とオバマ夫妻【写真:Getty Images】

“王室引退”以来、ヘンリー王子とメーガン妃はバラク・オバマ元米大統領夫妻との親交が伝えられてきた。ところが、今月開催されたオバマ氏60歳の誕生日パーティーに招待されなかったことが明らかとなり、大きな話題に。ハリウッドセレブの面々などが招待される中、なぜ元ロイヤルの超有名人カップルは呼ばれなかったのか? 王室作家のアンジェラ・レヴィン氏はこのほど、英大衆紙にコラムを寄稿。オバマ夫妻側の心情を紐解きつつ、その理由について自説を綴っている。

 ◇ ◇ ◇

ミシェル夫人はエリザベス女王の大ファン? 家族最優先主義の一面も

 現地時間7日、米マサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード島に所有する豪邸で開催されたオバマ氏の誕生日パーティー。コロナ禍での集まりに批判の声が上がったため、開催直前に規模が縮小された。

 2017年にヘンリー王子の公式伝記本「Harry:Conversations with the Prince(ハリー:王子との会話)」を出版した王室作家アンジェラ・レヴィン氏が英大衆紙「ザ・サン」に寄稿したコラムによると、元々の招待者数は475人。ヘンリー王子夫妻はそのラージグループにも入っていなかったことになる。

 また、メーガン妃は「都合が悪くて出席できない」と主張していたそうだが、レヴィン氏は「(妃は)パーティーに心底招かれたかったはずだ」と指摘する。

 しかしなぜオバマ夫妻は、王子が主要王室メンバーだった時代から親交があるにもかかわらず王子夫妻を招待しなかったのか。レヴィン氏がその第一の理由として挙げたのは、ミシェル・オバマ夫人がエリザベス女王の大ファンであること。夫人は女王に「素晴らしいほど温かく、愉快」という印象を抱いているという。

 その背景には2009年に初めて対面した際のエピソードがある。夫人は女王と並んで写真を撮影した際に女王の肩を抱き寄せたが、英王室の規律では許されない行為だった。ところが女王は夫人の腰に手を回して抱き寄せ、何事もなかったように夫人のミスをカバーしたそうだ。

 もちろん夫人は、肩を抱き寄せる行為が“失敗”だったことをのちに理解。以来、女王の人柄に心酔しているとレヴィン氏は綴っている。ちなみにミシェル夫人も自身の著書「Becoming(日本語版「マイ・ストーリー」集英社刊)でこの時のエピソードをポジティブに描いていた。

 さらに夫人は家族思いで有名。レヴィン氏は王子夫妻のインタビューで王室の人種差別が暴露された際、夫人が「家族以上に重要なものはありません。許しと癒やしがあり、将来的には愛が解決してほしいと祈ります」と述べたことを挙げ、オバマ夫妻にとっては王子夫妻の怒りが一度きりではなく継続していることが問題だと指摘した。ちなみに当時、夫人は「人種差別は白人ではない我々にとって珍しい話ではありません」と述べ、妃の発言について「驚きはなかった」としたことが大きく報じられている。

 こうしたことからレヴィン氏は、夫人が妃の暴露を「家族に対する侮辱」と考えたことで夫妻と距離を取り、パーティーに招待しなかったとみている。