海外ニュース

ヘンリー王子の回顧録 アーチーくんとの間で“同じことが起こる”可能性 専門家の指摘が話題

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 今年3月放送の暴露インタビュー以降、立て続けに王室批判を展開したヘンリー王子。しかしそれだけでは飽き足らず、今度は「王子としてではなく、1人の男として」真実を明かしたいと回顧録の出版を発表した。王室専門家らが発表直後から批判モードに入る中、そんな本で家族を再び傷付ければ「同じことが将来の自分にも起こり得る」という予想も現れ、話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

ヘンリー王子の回顧録にアーチーくんも「いずれ反応する」と専門家

 来年後半の出版予定が発表されたヘンリー王子の回顧録。ヘンリー王子に対し、注目の発言を行ったのは王室関連の著作で知られる作家マレーネ・ケーニヒ氏だ。同氏は英大衆紙「デイリー・エクスプレス」に対し「人生はめぐりめぐるものであるゆえに注意深く臨まないといけません」と語り、王子の回顧録出版について警鐘を鳴らした。

 同氏が王子に対し問題と見ているのが、コミュニケーションにおける姿勢だ。「メーガン(妃)もハリー(ヘンリー王子の愛称)も自分たちのしたいことをする必要がある」と回顧録出版に一定の理解を示しつつも、出版においては王子と王室側の双方がコミュニケーションを取るべきだと主張。さらに「彼(ヘンリー王子)にとって出版がコミュニケーションの方法なのであれば、父親(チャールズ皇太子)と話すことなしに真の状況を描くことはできません」と対話を試みない状況について疑問を呈した。

 その上で、同氏はさらに「彼(ヘンリー王子)は父親について語るわけですから、彼の息子も何年後かにはリアクションを見せるでしょう」とし、その反応次第ではアーチーくんとの間で問題が起こらないとも限らないと語った。

 まさか将来、反抗期に入ったアーチーくんが父親のように“出版”を通しコミュニケーションを取るとでもいうのだろうか。さすがに考えすぎかもしれないが、今まで何度も世界を驚かせてきたヘンリー王子だけに、この先どんなドラマが待っていても不思議ではないのかもしれない。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)