海外ニュース

カミラ夫人 メーガン妃への怒りは“引退”前からか “暗黙の了解”破った事件とは

著者:森 昌利

タグ: , , ,

カミラ夫人とメーガン妃【写真:AP】
カミラ夫人とメーガン妃【写真:AP】

 3月放送のヘンリー王子夫妻インタビューをめぐり、複数メディアは父チャールズ皇太子が“深く傷付いた”と報じていた。先日もこれを裏付けるように、皇太子の妻カミラ夫人もメーガン妃を「許せない思いでいる」と関係者が証言。しかし英大衆紙によると、夫人と妃の亀裂は3月放送のインタビューから始まったわけではないという。

 ◇ ◇ ◇

チャールズ皇太子を貶める暴露 夫人の不興を買ったと報道があったが…

 ヘンリー王子は3月放送の暴露インタビュー内で、“王室引退”して「即座に援助を打ち切られた」と暴露。これを“ネットフリックスやスポティファイと巨額契約を結んだ理由”としたが、王室や父チャールズ皇太子に“冷酷”なイメージを与えたのは事実だったと言えるだろう。

 ところがその後、皇太子の公邸クラレンス・ハウスが提出した2020年の年次報告書が公になると、ヘンリー王子夫妻とウイリアム王子夫妻に対する「活動援助金」として、2020年夏に合計445万ポンド(約6億7300万円)が支払われていたことも明らかに。正確な金額は発表されていないが、“王室引退”からの移行期間にあったヘンリー王子夫妻をフォローする資金であるとみられている。

 それでもヘンリー王子の父親批判は止まらず、皇太子を貶め続ける王子夫妻にカミラ夫人が憤っているという報道も流れた。さらに、英大衆紙「デイリー・ミラー」が掲載した記事によると、暴露インタビューの1年前に発生した事件で夫人と妃の間には亀裂が入っていたという。

カミラ夫人のスピーチを尊重することは“暗黙の了解”だった

 近年のカミラ夫人は、英国や世界の家庭内暴力を阻止する活動に取り組んでいる。昨年3月6日に行われた「Women of the World」(WoW)フェスティバルでは、多くの慈善団体とともに家庭内暴力や高圧的コントロールに対抗するためのキャンペーンをローンチした。

 また夫人は、同名団体(WoW)の10周年記念も兼ねたこの一大イベントのため、1年近くをかけて入念に準備していたという。もちろん、当日のスピーチもとても練られたものだった。

 しかし、そんな大切なスピーチが行われた日、メーガン妃は公式SNSに自身の写真を投稿するよう要求。夫人の“ハレの日”に注目を集めて傷付けたという事件があったという。ちなみにその写真は、自身がパトロンを務める英ロンドンの国立劇場に単独で“お忍び訪問”した際のものだったそうだ。

 近親筋は次のように語っているという。

「もちろんハリー(ヘンリー王子の愛称)とメーガン(妃)がその週、プライベートな活動を行うことは知られていました。しかしこの日は、カミラ(夫人)のスピーチを尊重するという暗黙の取り決めがあったといいますが、残念ながら一部の人々は、別の考えを持っていました」

 当時の妃は“王室引退”が間近に迫り、その一挙手一投足に注目が集まっていた。このお忍び訪問は夫人のスピーチ前日に行われ、同じ日の夜に開催された英国軍人を称える「エンデバー・ファンド・アワード」の授賞式に影響しないよう発表を先送りしていたという。それがなぜか、夫人の重要なスピーチ当日に写真をリリース。翌日の英メディアは妃の話題で持ちきりになった。

 そういえば、妃の第1子妊娠報告は、アンドリュー王子の次女ユージェニー王女の結婚式だった。どんな時でも「注目を集めたい」と願うのは元女優としての性なのだろうか。今回もカミラ夫人が入念に準備してきたイベント。そこに水を差せば怒りを買うのも無理はないだろう。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)