暮らし

ネクタイと仕事運には密接な関係が 出勤前に鏡を使って運気を上げる方法とは

著者:みよこ先生

タグ: , ,

気が弱い人は赤が持つエネルギーを取り入れると積極的に話せる効果が?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
気が弱い人は赤が持つエネルギーを取り入れると積極的に話せる効果が?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 クールビズなどで夏場は外している人も多いかもしれませんが、ネクタイは多くのビジネスマンが気を使っているファッションアイテム。府中の神様・みよこ先生から気軽に実践できるプチ風水を教わる連載、今回のテーマはネクタイです! ビジネスマナーの1つと考えている人も多いだけに、ネクタイが大きく関わるのはやはり仕事運。色や柄の選び方次第で上司との関係改善や口下手克服も望めるそうです。浮気防止に効果ありの柄も伝授していただきました。

 ◇ ◇ ◇

仕事運アップにベストなネクタイは、ブルーのストライプ!

 ファッション風水的に、ネクタイが最も大きく関わるのは仕事運、そして人間関係運です。仕事運を上げたい男性におすすめしたいカラーは、何といってもブルー系! 紺や青は仕事運アップに効果大のカラーなんです。

 みよこ流ではストライプ柄をおすすめしています。ストライプは水が流れる様子を表し、自分の中に1本、“やる気の川”を作ってくれますからね。また、“立て板に水”効果で、自分の意思をスーッと伝えやすくなるんです。

 ちなみに、のどには第5チャクラ(※編集部注:チャクラ=ヨガの世界で生命のエネルギーが存在するといわれる点)があり、そのチャクラは水色です。ネクタイやスカーフはのど元に巻くもの。そのため、第5チャクラと相性の良いブルー系を選ぶと、のどの弱い方は守ってもらうこともできるんです。

 また、のどは自己表現と深い関わりのある部位でもあります。そこで、口下手な方や気が弱く自分の思いを伝えるのが苦手な方は、えんじ色などの赤系や赤いドットのネクタイを着けてみて。赤が持つエネルギーを第5チャクラに取り入れて、積極的に話せるよう力を貸してくれますよ。

プレゼントするネクタイは1、6、9日に買うのがおすすめ

 また、ネクタイは男性へのプレゼントとして、定番のアイテムでもありますね。以前、知人女性に「プレゼント用のネクタイを買うのに、おすすめの日はありますか?」と聞かれたことがありますが、実は相手との関係性によっておすすめの日が異なります。

 例えば、「片思いの人に振り向いてほしい」「パートナーに愛を伝えたい」といった愛情が関係する時は、愛を司る“6”がつく日に。「仕事を頑張ってほしい」と願うなら、勢い良くスタートを切れる“1”、もしくは仕事がどんどん入ってきて大金が動きやすい“9”のつく日に買うといいと思います。

 柄については、先にお伝えしたストライプが万能。また、「上司とうまくいっていない」「仕事がうまくいっていない」など贈る相手が悩んでいるようなら、仕事で良いご縁を結べるドット柄がいいと思います。贈る相手が浮気性のパートナーなら、チェック柄を選ぶと悪いご縁を切ってもらえますよ。

 カラーは青系や緑系を選べばあまり間違いはありません。ただ、気をつけてほしいのが、赤系のネクタイ。短気な男性は、赤を身に着けるとますますカッカしてしまうんです。「短気は損気」と言いますし、特に仕事の場でカッとなりやすい方は好機を逃しがち。そういう方へのプレゼントには、赤系を避けた方が無難です。

 また、ネクタイを贈る時に注意してほしいのが相手との関係性です。ネクタイのプレゼントは「あなたに首ったけ」という意味を持ちますから、好きではない男性に贈ると余計な誤解を与えることも。また、すでにパートナーがいる男性に贈るとトラブルを招く可能性もあります。ネクタイを贈る時は、相手の状況をきちんと考えた方がいいでしょう。