海外ニュース

ヘンリー王子夫妻と王室の関係修復は「進展なし」 非公式伝記の共同著者が自説披露

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 ダイアナ元妃の命日にあたる8月31日に加筆改訂版が発売されたヘンリー王子夫妻の非公式伝記本。3月に放送された暴露インタビューの舞台裏や王子夫妻がフィリップ殿下死去で受けた深い悲しみになどが追加されて話題を呼んでいる中、共同著者のオミッド・スコビー氏が米国の朝番組「グッド・モーニング・アメリカ」に出演した。そこで今回の取材で得た新たな意見を明かして話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

王室側のメーガン妃いじめ調査開始発表は「復讐の一種」

 ヘンリー王子夫妻の非公式伝記「Finding Freedom」は、日本でも「自由を求めて ハリーとメーガン 新しいロイヤルファミリーを作る」(扶桑社刊)として日本語版が出版されている。今回出版された加筆改訂版は現在のところ英語版のみだ。“非公式”ということで、共同著者のオミッド・スコビー氏たちは王子夫妻ではなく2人が話をしたという情報筋などを取材しているという。

 英大衆紙「デイリー・メール」が掲載した記事によると、スコビー氏は発売日当日に米国の朝番組「グッド・モーニング・アメリカ」に出演。王室側のソースにも取材をしたという同氏はまず「(王子夫妻、そして王室の)両方に関係改善の“進展はない”という空気が漂っていました」と語った。

 またメーガン妃の“チアリーダー”と呼ばれる同氏は、妃の王室スタッフいじめ疑惑に言及。暴露インタビューの放送前日に王室側が「調査を始める」と発表したことについて「私の結論としては、復讐の一種としか考えられません」と踏み込んだ意見を披露。両者の関係悪化の原因には王室の上級スタッフに“反メーガン妃の強い意識”があると示唆している。

 さらに、王子夫妻が暴露インタビューに応じた理由は、一方的な英メディアのゴシップ報道にまったく反論させてもらえなかった王室時代を経て「自分たちの話を聞いてもらいたい」という切なる思いの結果であるとも主張した。

 一方で、王子夫妻は米国の自由な生活にすっかり慣れて「彼らは(自分自身で)人生をコントロールしている」と発言。本のタイトル通り“自由を探して”米国に移住したおかげで、王子夫妻が幸福になることができたとアピールしていた。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)