暮らし

大谷翔平の「人気の高さに惚れ惚れ」 ド派手応援グッズを自作するファンに米記者感動

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

大谷翔平選手【写真:AP】
大谷翔平選手【写真:AP】

 日本人アスリートの活躍で注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題からこの機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回はメジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手のファンについて。米国の球場を訪れたファンたちは、その熱い思いを少しでも伝えようと日々工夫しているようです。

 ◇ ◇ ◇

ゴールドのモールで囲った特大うちわや大谷選手の人型パネル

 大谷選手の活躍ぶりと比例するように、熱狂的なファンの姿はこれまでも話題になってきました。

 例えば、「SHOHEI 私とデートしませんか」と日本語を織り交ぜた熱烈応援ボードでアピールをしたカイリー・リンクさん。日本のファンにも知られており、インスタグラムに投稿した観戦風景には1万件近くもの“いいね”が押された他、「もはや名物」「最高だよ」などのコメントが寄せられました。

 また、大谷選手になりきる人も。エンゼルスのユニフォームを身にまとい、大谷選手のお面を被ってスタジアム前に現れる“名物ファン”は、「あまりにも似ていない」と注目を集めました。

 そして、大谷選手が「2番・投手」で先発出場した、3日(日本時間4日)の試合で話題になったのは、自作のド派手応援グッズで声援を送るファンたちの姿です。

 米テレビ局「WTNH」のリポーター、スージー・ハンター氏は、自身の公式ツイッターで観客席の様子を紹介。「大谷選手の人気の高さに惚れ惚れしてしまいます」と言葉を添え、2枚の写真を投稿しています。

 1枚は大谷選手の背番号が入ったユニフォームで応援する黒髪女性たちの後ろ姿。そしてもう1枚は、ゴールドのモールで縁を囲むなど、きらびやかなデコレーションが施されたうちわを持つファンの姿です。

 ちなみに日本には、スポーツ観戦やアイドルのライブなどで、自作のメッセージうちわを使って応援する文化があります。日本らしさを感じる応援グッズは、同氏にとって新鮮だったのかもしれません。

 同氏はそのツイートの前にも、大谷選手の大きな顔写真を使った人型パネルや赤いモールで飾られた「投打 二刀流」のボードを持つファンの姿も紹介。これらの投稿には「美しい」「文字通り最高の日」など、称賛のコメントが寄せられています。

(Hint-Pot編集部)