海外ニュース

メーガン妃の異母兄 夫妻へ警告の“手紙”再び? リアリティ番組の新予告編が話題

著者:森 昌利

タグ: , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 オーストラリアでリアリティ番組に出演し、現在は番組の放送が待たれているメーガン妃の異母兄トーマス・マークル・ジュニアさん。やはり妃への痛烈な批判が期待されているのか、先に公開された予告編では早速“妹批判”を放ち大きな注目を集めた。そして新たな予告編では、ヘンリー王子夫妻に宛てて「手紙を書く」様子が話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

3年前にヘンリー王子へ結婚取りやめを訴えたマークル・ジュニアさん

 トーマス・マークル・ジュニアさんが出演するリアリティ番組とは、オーストラリアを舞台に制作される「ビッグ・ブラザー」のスピンオフ版「ビッグ・ブラザーVIP」。セレブリティたちが一つ屋根の下で同居するという内容だ。番組はすでに収録が終わっており、現在は実際の放送が待たれている。

 先月公開された番組予告編でマークル・ジュニアさんは、「ハリー王子(ヘンリー王子の愛称)にメーガン(妃)が君の人生を台無しにすると警告した」と発言。さらに「メーガンは本当に浅はかな人間」と過激な言葉で締めくくり、話題になっていた。その後のアナウンスが期待されていた。

 そしてこのほど新たな予告編が公開され、英大衆紙「デイリー・エクスプレス」はマークル・ジュニアさんがヘンリー王子夫妻宛に手紙を書くシーンについて報じた。

 実際、マークル・ジュニアさんは2人のロイヤルウェディング直前、王子に対し「メーガンとは結婚するべきではない」という内容の手紙を書いたことで有名だ。「親愛なるハリー王子、今ならまだ遅くはない。メーガン・マークルは明らかにあなたにふさわしい女性ではない」と綴り、結婚を取りやめるよう強く訴えかけた。

 ただ、今回の手紙で明らかになったのは「メーガンとハリーへ……まず初めに2人に言いたいのは……」と冒頭のわずかな部分。詳しい内容こそ不明だが、マークル・ジュニアさんが書いているだけに痛烈な言葉の数々が綴られた手紙となっているのは間違いなさそうだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)