暮らし

中秋の名月 知らないと“怖い”お月見のお作法 「片月見」や「まん丸の月見団子」とは

著者:鶴丸 和子

タグ: , ,

お月見は古くから伝わる風習(写真はイメージ)【写真:写真AC】
お月見は古くから伝わる風習(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 今年の中秋の名月(十五夜)は今日2021年9月21日。実はお月見には続きがあって、「後の月(十三夜)」(2021年は10月18日)も合わせて「二夜(ふたよ)の月」で行う風習があります。どちらか一方だけのお月見は「片月見」などと呼ばれて縁起が悪いという伝承も。また地域によって月見団子も避けたい「形」があります。知らないと怖い!? お月見のお作法を紹介します。

 ◇ ◇ ◇

秋のお月見は中秋の名月に一度だけではない

 そもそも月を鑑賞する風習は中国から伝わったとされ、奈良・平安時代の貴族の間では月を見ながら詩歌を詠む宴が催されたと言われています。江戸時代に入ると、五穀豊穣に感謝する行事と結び付いて、お月見が庶民の間にも広まったようです。旧暦8月15日の月を十五夜または中秋の名月と言い、ススキや秋の収穫物を供えて美しい月を愛でてきました。

 そして「後の月」と呼ばれる「十三夜」も、お月見をします。こちらは旧暦9月13日の月。中秋の名月と合わせて「二夜の月」として眺める風習は、日本独自のものとされています。

 諸説ありますが、中秋の名月は長雨や台風の影響でせっかくの月が雲に隠れ見えない「無月(むげつ)」になることが多かったことから、日本では晴れることが多い旧暦9月13日にもお月見をする風習が広まったと言われています。

 そしていつしか、どちらか一方のお月見しかしないことを「片月見」とか「片見月」などと呼び、縁起が悪いと忌まれるように。地域によっては、中秋の名月と十三夜の月の両方を同じ場所から眺めるのが良いといった伝承もあるようです。

 中秋の名月は満月かほぼ満月になる直前の丸い美しい月ですが、十三夜の月はこれから満ちていく少し欠けた風情ある月です。それぞれ秋の収穫物にちなんで、中秋の名月を「芋名月」、十三夜の月を「栗名月」や「豆名月」とも呼びます。