料理・グルメ

月にまつわるお取り寄せスイーツ5選 十五夜を堪能できるとっておきの限定品も

著者:中塚 真希子

タグ: , , ,

カステラの生地には、黄身の色が濃く深い旨みを持つ“エグロワイヤル”という卵を使うそう【写真提供:まめや金澤萬久】
カステラの生地には、黄身の色が濃く深い旨みを持つ“エグロワイヤル”という卵を使うそう【写真提供:まめや金澤萬久】

 十五夜とは、旧暦8月15日の夜のこと。この時の月は“中秋の名月”と呼ばれ、一年で最も美しいとも言われているそうですよ。2021年の十五夜は9月21日。秋の夜空に浮かぶ満月を見ながら食べるも良し、食卓で美しい月を愛でるも良しの素敵なお月見スイーツで、秋のティータイムを楽しんでみませんか?

 ◇ ◇ ◇

金沢の伝統技術・金箔貼りで輝く満月を見事に再現! 「金かすてら・お月見」

 能登の農家で育てられた大豆や黒豆で豆菓子を作ったり、九谷焼の里に伝わる技術を用いたパッケージ(豆箱)を考案したり。「まめや金澤萬久」は、地元石川・金沢の文化をお菓子でもお楽しみいただきたいという思いで全国にお菓子を届けています。名物の「金かすてら」は、「美しすぎる!」とSNSでも話題の逸品です。

 職人さんが1本ずつ丁寧に焼き上げるカステラの上には、金沢の伝統技術「金箔貼り」を生かし、金箔が貼り付けられています。今の季節は限定の切り抜きカステラ「金かすてら・お月見」が人気。しっとりとしたマロン味のカステラは、満月とウサギのシルエットがくり抜けるようカット加工がされています。何とも遊び心のあるスイーツなので、秋のティータイムを最高に楽しく演出してくれるはず。

「金かすてら・お月見」
価格:1620円(税込)
賞味期限:出荷日より約10日
販売期間:期間限定
購入:「まめや金澤萬久公式オンラインショップ」(https://www.mameya-bankyu.com

切り分けた瞬間、満月が! 卵黄の塩漬けが丸ごと1つ入った「中秋月餅」

「中秋月餅」(写真は黒あん月餅)と「凍頂烏龍茶」のセットは、プレゼントにもぴったり【写真提供:聘珍樓】
「中秋月餅」(写真は黒あん月餅)と「凍頂烏龍茶」のセットは、プレゼントにもぴったり【写真提供:聘珍樓】

 中華圏では中秋節(日本では十五夜)に家族で食事をして、さらに月餅を食べる風習があるそうです。創業約130年、日本に現存する最古の中国料理店「聘珍樓」でも、この時期は通年販売されている定番の月餅以外に特別な「中秋月餅」を販売。ファンが楽しみにしています。

 この「中秋月餅」は広東式の伝統的なレシピで作られており、黒あんの「蛋黄豆沙中秋月餅」と蓮の実あんの「蛋黄蓮蓉中秋月餅」2種類があります。どちらも中にはアヒルの塩漬け卵黄が入っており、切り分けた瞬間に現れる美しい満月の姿には食卓で歓声が上がること間違いなし! 薄く焼き上げられた香ばしい皮の香りや、濃厚なあんの甘みと卵黄の塩気のコンビも絶妙です。今年のお月見は、大切な家族や友達、恋人と月餅を分け合い、お互いの幸せを月に願ってみては?

「中秋ギフトセット20-A」
価格:3000円(税込)<「蛋黄豆沙大月餅」(塩漬卵黄入 黒あん月餅)1個、凍頂烏龍茶1個>
賞味期限:月餅は常温で60日
販売期間:期間限定
購入:「聘珍ショッパーズ」(https://heichin-shoppers.jp