海外ニュース

キャサリン妃がロープで崖を降りる! 「恐れを見せない」アウトドア公務に称賛集まる

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

公務に臨んだキャサリン妃。当日のコーディネートと併せ、アクティブな姿が注目を集めた【写真:AP】
公務に臨んだキャサリン妃。当日のコーディネートと併せ、アクティブな姿が注目を集めた【写真:AP】

 9月中旬、夏期休暇明けの公務に復帰したキャサリン妃。現地時間21日には英カンブリア州の湖水地方を訪問し、マウンテンバイクでの山道移動やロープを使った崖での降下といったアクティブな公務に臨んだ。高い身体能力を生かした動きは、カジュアルなコーディネートと併せてファンの称賛を集めている。

 ◇ ◇ ◇

活動的な公務にファンも大喜び 「勇敢で親切、そして美しい」

 豊かな自然で知られる英北西部のカンブリア州。中でも児童書「ピーターラビット」シリーズの舞台でもある湖水地方は、世界中にファンを持つ観光地として有名だ。キャサリン妃は現地時間21日、この湖水地方で妃らしいアクティブな公務に臨んだ。

 妃が訪れたのは、英空軍が湖水地方のウィンダミアに所有するトレーニングセンター。改修工事の完了と利用再開を祝し、英空軍の名誉司令官である妃が現地のトレーニングに一部参加した。山中をマウンテンバイクで進んだ他、ロープを使って崖を垂直に降りるなど、妃の優れた身体能力を生かした公務だったようだ。

 アクティブな内容だけに、妃のコーディネートもカジュアルなものに。英雑誌「ハロー」によると、妃はボトムスに黒スキニーデニムを選んだ。そこに「シー バイ クロエ」の黒ショートブーツとカーキ色のキルティングジャンパーを合わせ、動きやすさを重視。タイトなジャンパーは「シーランドホーカー」のアイテムで、価格は50ポンド(約7400円)ほどだという。

 ウイリアム王子夫妻の公式インスタグラム(dukeandduchessofcambridge)は、妃が青いヘルメットをかぶって自然の中を疾走する様子などを動画で紹介。予想以上のハードな崖に挑む姿などが話題を呼び、公開から11時間程度で約93万回超の再生を記録した。コメント欄には「ケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)は恐れを見せない。素晴らしい!」「勇敢で親切、そして美しい」「彼女のブーツが大好き」など、その様子を絶賛する声が寄せられた。

 また、体を動かした後は上着を「リアリー ワイルド」のチェック柄ジャケットに変えて、コーデのトーンを調節。「ウィンダミアチルドレン」の2人とボートに乗って話を聞いた。「ウィンダミアチルドレン」とは第二次世界大戦後に強制収容所から解放され、難民として英国に到着したユダヤ人の子どもたち300人のこと。湖水地方に滞在していたことから、その名で呼ばれるようになったそうだ。

(Hint-Pot編集部)