海外ニュース

キャサリン妃 「美しき未来の王妃」の存在感放つ 輝かしいホワイトコーデが話題に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:AP】
キャサリン妃【写真:AP】

 キャサリン妃が昨年から精力的に活動しているオンライン写真展「ホールド・スティル(Hold Still)」。妃はこのほど同イベントで提携したナショナル・ポートレート・ギャラリー(英国立肖像画美術館)にて、協賛団体を招いたイベントを実施。会場には多くの出席者が集まる中、妃はひときわ存在感を放っていたと話題になっている。その出で立ちは、まばゆいばかりに美しいホワイトのワントーンコーデだった。

 ◇ ◇ ◇

妃が写真展関係者に感謝の意を示すイベントを主催

「ホールド・スティル」は、キャサリン妃とナショナル・ポートレート・ギャラリーが提携し、昨年5月に募集を開始したプロジェクト。ロックダウン中の生活をとらえた写真を一般公募し、応募作は3万1598点にも上った。その中から選ばれた100点は昨秋、英国各地の駅やバス停などで展示された他、今年5月には写真集としても発売されている。

 妃は現地時間22日、ナショナル・ポートレート・ギャラリーにて、同写真展に協賛した関係団体に感謝の意を示すためのイベントを開催した。

 この日、キャサリン妃は白のシフォンドレスに同色のブレザーを合わせたワントーンコーデで登場。英カンブリア州の湖水地方で行われた、前日のアクティブな公務でのカジュアルスタイルからは一転、気品あふれる華やかな装いを披露した。

 妃が着用したのは、英ロンドン発のブランド「セルフ ポートレート」のセットアップアイテム。同ブランドの公式サイトによると、「Cream Tailored Boucle And Chiffon Midi Dress」で、価格は570ドル(約6万3000円)となっている。

 秋らしいツイード調のジャケットや繊細なレーススカートが重ねられたプリーツスカートなど、ディテールに凝った一着。ジャケットにはレザーの細ベルトも付属しているようだ。

 イベントの様子がウイリアム王子夫妻の公式インスタグラム(dukeandduchessofcambridge)で公開されると、早速大きな反響が。日本時間24日午後1時の時点で21万件もの“いいね”が集まった他、コメント欄には「魅力的」「スイートでエレガントなキャサリン妃」「美しき未来の王妃」「スカートが素敵。とてもエレガント」など、称賛の言葉が寄せられた。

 またキャサリン妃は投稿に「『ホールド・スティル』を実現させてくれた素晴らしいパートナーに感謝しています! この驚くべきプロジェクトを支えてくれた皆さんと直接集まることがなかなかできませんでしたが、今夜やっと成し遂げることができました」と喜びを綴っている。

(Hint-Pot編集部)