海外ニュース

キャサリン妃は「びっくりするほど美しい」 全身黒のスポーティコーデにファンからも称賛続々

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

公務内容に合わせ、スポーティな装いで登場したキャサリン妃【写真:AP】
公務内容に合わせ、スポーティな装いで登場したキャサリン妃【写真:AP】

 現地時間9月29日、北アイルランドのロンドンデリー州を訪問したウイリアム王子とキャサリン妃夫妻。同地の大学で学生たちと交流したあとは、地元ラグビーチームの選手らとアクティビティに挑戦するなどした。スポーツに関連した公務のため、妃はスポーティなコーディネートにチェンジ。カジュアルでも変わることのない美しさが話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

マニッシュなスーツからアクティブなスタイルへ

 ウイリアム王子とキャサリン妃のロンドンデリー州訪問は今回が初めて。まずはアルスター大学マギーキャンパスに向かい看護学生たちと交流した。次は地元ラグビーチーム「シティ・オブ・デリー・ラグビー・クラブ」で、スポーツを通じて多様性を尊重する取り組み「スポーツ・ユナイティング・コミュニティーズ」に参加する選手やコーチ、ボランティアらと対面。サッカーやラグビーのアクティビティにも参加した。

 妃は大学訪問で披露した大胆なパープルスーツから、黒のスポーティなジャケットと同色のスニーカーに早着替え。英雑誌「ハロー」は、ジャケットはカナダに本部を置くスポーツブランド「ルルレモン」のディファイン・ジャケット、スニーカーは「ニューバランス」の373シリーズだと伝えている。

 スーツスタイルから一転、スポーツカジュアルを披露した妃について同誌は「びっくりするほど美しく見えた」「素晴らしく似合っている」と絶賛した。

 公務の様子が夫妻の公式インスタグラム(dukeandduchessofcambridge)で公開されると、ファンからも反応が。「とてもナチュラルでラブリー」「キャサリン妃は本当に、本当に、本当に美しい」「美しく気品あるケイト(キャサリン妃の愛称)」などの賛辞が寄せられている。

 妃は先日も、女子テニスのエマ・ラドゥカヌ選手らと面会した際のテニスウェアや、湖水地方で英空軍のトレーニングに参加したアウトドアコーデが話題に。スポーティなスタイルでも妃の美しさは格別のようだ。

(Hint-Pot編集部)