料理・グルメ

日本の梨には「赤」と「青」がある シャリシャリ食感の“正体”や保存のコツも

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:和漢 歩実

タグ: , ,

旬が長い日本の梨(写真はイメージ)【写真:写真AC】
旬が長い日本の梨(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 品種によって長い期間にわたり楽しめる日本の梨。主に「幸水」から始まり最盛期は8~10月頃ですが、11月には巨大梨で知られる「愛宕梨」も出回ります。シャリシャリとした歯触りとみずみずしい果汁がおいしいですよね。梨についての豆知識を、栄養士の和漢歩実さんに聞きました。

 ◇ ◇ ◇

日本では古くより食べられていた? 梨の名の由来とは

 遺跡から種子が発見されるなど、梨は弥生時代にはすでに食べられていたようです。「日本書紀」には栽培に関する記述もあります。私たちが食べている甘味が強く果肉のやわらかい現在の梨は、明治以降に発見されたり品種改良されたりしたものなので、古代の味とは少し違うかもしれません。しかしながら、梨は日本人に常食されてきた果物の一つです。

「梨」の語源は諸説あります。果肉が白いことから「なかしろ(中白)」と言い、略して「ナシ」になったとする説。梨は風があると実らないことから「風なし」から「ナシ」と呼ぶようになった説。果実の中心に酸味があることから「なかす(中酸)」が訛って「ナシ」になった説などです。また「ナシ」という発音が「無い実」を連想させるとし、縁起を担いで「有りの実」と呼ぶ人もいたそうです。

 今や多様な品種がある梨は、収穫時期が微妙に異なり絶えず次々と出荷されていくことから「梨リレー」とも言われます。主な品種では「幸水→豊水→あきづき→新高」……などの順番です。産地によって楽しめると同時に、秋の移り変わりを品種によって感じられるところが良いですね。

 また日本の梨は、大きく分けて「赤梨」と「青梨」に分けられます。赤梨とは、皮の色がやや赤みがかった褐色のものです。酸味を抑えて甘味が強く、やわらかい果肉が特徴で、「幸水」や「豊水」などが赤梨です。

 一方、青梨とは、皮の色が黄緑色っぽいもの。「二十世紀」や「八雲」、「菊水」などをいいます。酸味が強めで甘酸っぱい味が特徴です。

腸内環境が気になる人にうれしい栄養素

シャリシャリとした食感がおいしい(写真はイメージ)【写真:写真AC】
シャリシャリとした食感がおいしい(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 独特のシャリシャリとした食感は、食物繊維のリグニンという成分が蓄積したもの。石細胞と呼ばれ、便秘が気になる人におすすめです。加えて腸内環境を整えるソルビトールという糖の一種も含まれているのが特徴。ソルビトールはキシリトールと同様に虫歯になりにくい成分としても知られています。

 さらに、利尿作用や疲労回復で注目されるアミノ酸の一種のアスパラギン酸、塩分を体外へ排出するカリウムも含まれています。日本の梨は約88%が水分(ちなみにリンゴは約84.1%、ブドウは約83.5%)。100グラムあたりのエネルギー量は38キロカロリーと低めです。

 また薬膳では、梨は肺を潤して熱を下げ、口の渇きやのどの痛みを和らげる食材として古くから注目されてきました。