料理・グルメ

ブドウは房の上側と下側どちらが甘い? 旬のピークに知りたいもっとおいしくなる話

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:和漢 歩実

タグ: ,

品種がたくさんあるブドウ(写真はイメージ)【写真:写真AC】
品種がたくさんあるブドウ(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 世界では1万以上の品種があるとされるブドウ。日本では生食用(そのまま食べる)として60種類以上栽培されていると言われています。種類によってそれぞれ旬が異なりますが、日本では盛夏から秋にかけてお店に並び、今がおいしさのピークですね。ブドウに含まれる栄養や豆知識について栄養士の和漢歩実さんに聞きました。

 ◇ ◇ ◇

古代から人類に親しまれた果実

 ブドウと人のつながりは古く、古代エジプトの壁画などに栽培の様子が描かれるなど、紀元前からなじみがあったようです。諸説ありますが、日本では奈良時代にはブドウをモチーフにした絵柄があり、すでに認識されていたとされ、鎌倉時代に栽培が始まったようです。

 明治時代になると、産業の振興のために政府はブドウ栽培に注目します。欧米から多くのブドウ品種を導入しましたが、雨の多い日本の気候は栽培に向かず、当初は害虫や病害で育たなかったようです。しかし研究が進み、生産者や研究者たちが日本の気候に適した品種を誕生させて、現在のようにたくさんの品種が作られるようになりました。

贈答用として人気の「ルビーロマン」(写真はイメージ)【写真:写真AC】
贈答用として人気の「ルビーロマン」(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ブドウは世界で最も生産量が多い果物で約7割がワインの原料用と作られていますが、日本では約9割が生食用として作られ、60種類以上の品種があります。高級ブドウとして知られるのは石川県が開発した「ルビーロマン」。贈答用として人気があります。2021年7月中旬の初競りでは1房140万円の値が付けられ、話題になりました。