海外ニュース

メーガン妃の公開書簡は「まったく不適切」 SNS上で疑問の声が噴出する理由とは

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 王室を“引退”し、自由を求めて米国へ移住したヘンリー王子とメーガン妃。移住後は「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」運動の支援など人権運動との関わりや、米大統領選挙の投票呼びかけが話題になった。妃は先日も、現地時間20日付で米国議会への公開書簡を発表。働く親たちのために育児休暇などを整備するよう訴えたが、英国ではこの動きをめぐって早くも抗議の声が上がっている。その理由とは。

 ◇ ◇ ◇

「どうして政治的要求をするために称号を使うのか?」

 メーガン妃が発表した公開書簡に英国で抗議の声が上がった理由は、ずばり「サセックス公爵夫人」の称号を使用したため。英大衆紙「デイリー・エクスプレス」はSNS上の反応を伝えている。

 そもそも王室メンバーは政治的中立が原則。それにもかかわらず非常に政治色の強い公開書簡で称号を使用し、しかも米国の議会宛てだったことに対し、「どうして彼女(メーガン妃)は米国議会へこのような政治的要求をするために称号を使うのか?」と疑問の書き込みが。

 すると「サセックス公爵夫人(メーガン妃)が政治的なキャンペーンを行った。2021年の米国で馬鹿げた行為。英国のロイヤルとしてはまったく不適切」と厳しい指摘が続いた。

 また、公開書簡を書くのはいいが「称号を使ってはならない」と当然の主張もある。

 こうして見ると、やはり英国民が憤りを覚えるのは妃の“ダブルスタンダード”だろう。3月の暴露インタビューでは人種差別やメンタルヘルス問題を持ち出して真っ向から王室を批判しておきながら、なぜか称号を保持したまま政治的なメッセージにその影響力を利用している。

 もちろん英国で王室メンバーがこうした政治的要求を公に行うことは許されていない。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)