料理・グルメ

ホットケーキミックス+カボチャでハロウィンレシピ 塩味と甘味を楽しむケークサレ

著者:和栗 恵

タグ: ,

カボチャの自然な甘みがおいしいケークサレ【写真:和栗恵】
カボチャの自然な甘みがおいしいケークサレ【写真:和栗恵】

 今年の「ハロウィン」は日曜日。おうちで盛り上がるための準備時間はたっぷりです。そこで今回は、カボチャを使ったハロウィンにピッタリの「ケークサレ」のレシピをご紹介。ケークサレとはフランスの“おかずパン”のようなものです。ホットケーキミックスを使いますが追加で砂糖を加えないため、カボチャの甘さが引き立ちます。

 ◇ ◇ ◇

塩味とカボチャの甘味のバランスが楽しい一品

おやつにもお酒のつまみにもなる【写真:和栗恵】
おやつにもお酒のつまみにもなる【写真:和栗恵】

 夏に収穫されたカボチャの旬は秋から冬。数か月追熟することで旨みや栄養価がアップすると言われています。そのため、今はそろそろおいしくなってくる時期です。

 そんなカボチャを使ったケークサレは、塩味とカボチャの甘味のバランスが楽しい、おやつにもお酒のつまみにもなる一品。家族そろって楽しめるおかずパンです。焼く際に100円均一で売られている紙製のパウンドケーキ型を使うと便利。オーブンシートを型の形にカットする手間を省けます。実りの秋のイベントに欠かせないカボチャで、食卓に彩りを添えてみてください。

○カボチャのケークサレ

【材料】(100円均一の紙製パウンドケーキ型2本分)
カボチャ     200g
赤ピーマン    1個
ピザ用チーズ   50g
お好みのナッツ類 大さじ2
パプリカパウダー 少々
ホットケーキミックス 200g

A卵          1個
A牛乳         100ml
Aオリーブオイル    大さじ2
A塩          小さじ1
Aコショウ       少々

【作り方】
1. カボチャは洗って種とワタを取り除き、1~2cm前後のサイズにカットする
2. 1を耐熱皿に並べてラップをふんわりとかけ、2分30秒加熱する
3. 赤ピーマンは6~7mm角に切る。ナッツ類は粗く刻んでおく
4. ボウルにAの材料をすべて入れ、泡だて器を使ってよく混ぜ合わせる
5. 4にホットケーキミックスを加え、よく混ぜる
6. カボチャ、ピーマン、ナッツ、ピザ用チーズを加え、よく混ぜる
7. パウンドケーキ型に6を流し入れ、型ごと5cmくらいの高さからトントンと数回落とし、余分な空気を抜く
8. パプリカパウダーを7に振りかける
9. 200度のオーブン(余熱なし)に入れて30分ほど焼き、竹串を刺して生地がつかなれば焼き上がり。焼きが足りない場合は5分くらいずつ様子を見ながら追加で加熱する
10. オーブンから取り出し、粗熱が取れるまで置いて落ち着かせる。お好みの大きさにカットして完成

※ソーセージやベーコンを刻んで入れてもOK
※野菜が苦手なお子さんには、メープルシロップを少量かけると食べやすくなる

(和栗 恵)

和栗 恵(わぐり・めぐみ)

恋愛コラムニスト・ライフスタイルライター。1970年東京都生まれの B型。雑誌、ウェブ、ドラマCD、ゲームシナリオ制作など、さまざまな媒体を手がける。男女の本質的な違いに着目した独自の恋愛論・結婚論を、ティーン誌、青年誌、ママさん向けウェブなどで展開中。著書にA型夫とB型妻との生活を描いた「毎日がグチLove B型妻 VS A型夫(笠倉出版社)」、「そして、ありがとう…ー犬とわたしの12の涙ー(日本文芸社)」などがある。