海外ニュース

エリザベス女王”お気に入りの孫”が18歳に 王室の仕事に参加する可能性と英誌

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ルイーズ・ウィンザーさん(左)。母ソフィー妃と笑顔を見せる【写真:Getty Images】
ルイーズ・ウィンザーさん(左)。母ソフィー妃と笑顔を見せる【写真:Getty Images】

 エリザベス女王の三男エドワード王子とその妻ソフィー妃の間に生まれたルイーズ・ウィンザーさんが8日に18歳の誕生日を迎える。先日、英雑誌が発表した「英国で結婚したい人」のリストでも5位に入ったように、注目度は日ごとに増すばかり。そんなルイーズさんの生活について、今年の誕生日を境にどう変わるかが英国民の話題を集めている。

 ◇ ◇ ◇

ソフィー妃の娘ルイーズ・ウィンザーさん フィリップ殿下と深い親交も

 エリザベス女王の“お気に入りの孫”と言われ、4月に亡くなったフィリップ殿下からは馬車競技の手ほどきを受けたというルイーズさん。今年9月、英公共放送BBCのドキュメンタリー番組で初めてテレビのインタビューに応じた際も殿下とのエピソードを明かし、心温まる内容が王室ファンの感動を呼んだ。

 王位継承順位16位のルイーズさんが8日に18歳の誕生日を迎えるにあたり、英雑誌「ハロー」は「近い将来、彼女を取り巻く状況が変わる可能性がある」と報じた。その上で「年上のいとこであるベアトリス王女やユージェニー王女のように、多くの後援会やアンバサダー(大使)を担うことを決断するかもしれない」と王室の仕事を手伝う可能性に言及した。

 また、英国では一部の王族に対し、殿下・妃殿下(HRH/His・Her Royal Highness)の敬称が与えられているが、ルイーズさんは両親であるエドワード王子夫妻の意向もあり、これまでHRHを名乗っていない。とはいえ、18歳になれば「王女」を名乗る権利を有するとあって、活動内容を含めファンの注目は尽きないようだ。

 ルイーズさんの母ソフィー妃は2020年6月、英高級紙「タイムズ」の日曜版「サンデー・タイムズ」の取材に対し「子どもたちは18歳から使うことを決めることができるが、使う可能性は非常に低いと思う」と話していた。

(Hint-Pot編集部)