海外ニュース

キャサリン妃は移動中も休まない? ちらりと見えたバッグの中身とは

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃。カジュアルスタイルも話題に【写真:AP】
キャサリン妃。カジュアルスタイルも話題に【写真:AP】

 各国要人との対面や地域での環境活動など、日々公務を続けているウイリアム王子夫妻。近頃も英グラスゴーで開催されている第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)の関連イベントに出席するなど精力的に活動しているが、移動中も休息の時間とはいかないようだ。キャサリン妃がグラスゴーに到着した際、バッグの中身がちらりと見えた一枚のショットが話題を呼んでいる。

 ◇ ◇ ◇

「キャサリン妃は列車の中で仕事をしていたのかもしれない」

 環境問題の解決に向けて尽力しているウイリアム王子夫妻にとって、今回ホスト国として迎えたCOP26は非常に重要な会議。移動には列車を利用するなど、環境に配慮した行動を取ることで問題に対する姿勢の強さを示している。

 そんな中で撮られた一枚の写真。王子とグラスゴー中央駅に降り立ったキャサリン妃は、黒のスリムデニムに黒のタートルネック、カーキグリーンのジレ、「クロエ」のブーツ姿だった。その際に持っていた英ブランド「スマイソン」のトートバッグの口が少し空いていた点に英大衆紙「デイリー・ミラー」は着目した。

 この写真は「ネットワーク・レール・スコットランド」の公式ツイッターで公開されたもの。同紙は「中には何が入っていたのか? フォルダがいくつか入っているようだった。薄いラップトップコンピューターのようなものも入っているように見える」とし「キャサリン妃は列車の中で仕事をしていたのかもしれない」と推察した。

 同紙は王室伝記作家のマルシア・ムーディ氏による妃の伝記本「Kate: A Biography」の記述にも触れ、妃が持ち歩くお決まりのアイテムがあると伝えている。それは、コンパクトミラーとあぶらとり紙、ハンカチ、リップバーム(リップクリーム)の4つ。さらに、大きなバッグであれば、個人的な写真を撮るためにカメラを入れていることもあるという。

(Hint-Pot編集部)