料理・グルメ

英王室が「クリスマスプディング」のレシピを公開 この時期に早くから作る理由とは

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

英国伝統の「クリスマスプディング」は家庭ごとにレシピが異なる【写真:Getty Images】
英国伝統の「クリスマスプディング」は家庭ごとにレシピが異なる【写真:Getty Images】

 冬の気配も近くに感じられ、クリスマスまで1か月を切りました。そろそろ当日のごちそうを考え始める時期ですよね。英国では定番のクリスマスケーキ「クリスマスプディング」の準備に取り掛かる時期のようで、ロイヤルファミリーの公式インスタグラムは王室専属シェフのレシピを公開しました。どうしてこんなに早くから準備する必要があるのかなど、魅惑のデザートをご紹介します。

 ◇ ◇ ◇

ドライフルーツとお酒が絡む濃厚な味わい 作り始めるのはクリスマスの5週間前

 そもそも「クリスマスプディングって何?」と思う方も多いのでは。「プディング」と聞いて日本の「プリン」を想像しがちですが、実際はレーズンなどのドライフルーツをふんだんに使ったケーキの一種。英国のクリスマスディナーには欠かせないスイーツです。

 その理由は、その理由は、19世紀にエリザベス女王の高祖母であるヴィクトリア女王が、英国王室のデザートに採用したことだと言われています。多くの家庭でクリスマスプディングが作られるため、そのレシピは各家庭で微妙に異なるそうです。起源や歴史のうんちくを語る人も少なくなく、論争が起こることもしばしば。それだけ英国人に根付いたケーキと言えるでしょう。

 おいしいクリスマスプディングを作るには時間がかかります。早い人では1年前から準備しているようですが、一般的には何とクリスマスの5週間前だそう。なぜそんなに早くから準備をするのか。その理由はクリスマスプディングの材料と作り方にあります。

 代表的な材料はパン粉や小麦粉にレーズン、カラント(和名:スグリ)などのドライフルーツ、さらにスエット(牛脂や羊脂)、ナッツ類、卵、スパイスなど。これに黒ビールやラム酒を入れてかき混ぜ、生地を作ります。そして5~6時間蒸し、冷所で保管。この期間が長いほどフルーツとお酒が混じりあって熟成、発酵するため、最低でも4週間かけないと濃厚な味わいのケーキにならないそうです。