Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

キッチンの収納が少ない? 見落としがちなデッドスペースを活用しよう【収納の裏ワザ7】

著者:和栗 恵

教えてくれた人:整理収納アドバイザー・伊藤まき

100円ショップのフックとポーチで吊り下げ戸棚の内側を簡単に有効活用【写真:Hint-Pot編集部】
100円ショップのフックとポーチで吊り下げ戸棚の内側を簡単に有効活用【写真:Hint-Pot編集部】

 調理器具に食器、調味料……家の中でもひときわ物の多い場所といえばキッチンですよね。使いやすいキッチンは料理作りもはかどるものですが、忙しい毎日にきちんと片付け続けるのは至難の業。そこで、整理収納アドバイザーの伊藤まきさんがちょっとしたひと工夫をご紹介します。今回は、意外と多くの人が生かし切れていないキッチンのデッドスペースについて。下ではなく上にあるデッドスペースを有効活用できるグッズとは?

 ◇ ◇ ◇

扉内側を有効活用! ダイソーのフック&ポーチが使える

 大きくて広々としたパントリーが付いているなら別ですが、多くの家庭ではキッチンの収納場所が十分ではないという不満がありますよね。キャビネットを増やした結果、雑多で動きにくくなってしまったりすることも。「あともう少し収納スペースがあればいいのに!」というお悩みは定番ともいえます。

 そんな悩みを解決するグッズとして、整理収納アドバイザーの伊藤まきさんはダイソーの「ビニールネットケース L型ファスナー」をおすすめしています。

「吊り下げ戸棚の内側にフックを付けて、小物を入れたネットケースをぶら下げるだけ。手軽に収納スペースを増やすことができますよ。他の100円ショップでも販売されていますが、ダイソーはフックに引っかけるプラスチックの輪が他社メーカーのものに比べて大きく、引っかけやすいんです」

 高い位置にある吊り下げ戸棚はデッドスペースになりがち。そこで、ちょっと手を伸ばせば引っかけることができるこのグッズを使うと、取り出しも片付けもお手軽です。

 また、フックに未使用のポリ袋をぶら下げておくと、使いたい時にサッと引き出せて便利だそう。これは絶対に真似したい収納術ですね。

(和栗 恵)

整理収納アドバイザー 伊藤まき(いとう・まき)

整理収納アドバイザー1級を保有する「整理収納のプロフェッショナル」。ホテル清掃員や国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出などで経験を積み、出版社に入社したのち独立。収納ライターとしても活躍。
インスタグラムアカウント:maki_organize

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly