Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

長ネギの白い部分は何と葉! 青い部分のネバネバに潜む栄養成分とは 選び方のコツも

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:和漢 歩実

旬の長ネギ。根深ネギや白ネギとも呼ばれる(写真はイメージ)【写真:写真AC】
旬の長ネギ。根深ネギや白ネギとも呼ばれる(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 すき焼きなど鍋料理においしい長ネギ。通年で出回っているため季節感を与える存在とはいえませんが、実は今が旬です。香味野菜としておなじみすぎるため、白い部分が淡色野菜ですが、青い部分が緑黄色野菜に分類されることをご存じない方も多いのでは? もちろん両方の部分に栄養がたっぷり含まれているそうです。栄養士の和漢歩実さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

古くからなじみのある野菜 白い部分は茎ではなく葉の部分

 ネギの原産地はシベリア地方または中国といわれています。日本にも古くから存在しており、奈良時代の「日本書記」(720年)では、ネギを「秋葱(あきき)」と記しているそうです。

 ユリ科の植物で花も咲くネギ。関東地方より東の地域で食されてきた長ネギは、「根深ネギ」や「白ネギ」と呼ばれます。主に食べている白い部分は茎ではなく葉の部分。色が白い理由は、日の光に当たらないよう土寄せをしながら育てているためです。

 今では通年で店頭に並びますが、本来の旬は冬。加熱すると甘味が増し、とろけるようなやわらかさになるのが特徴です。

「薬味」としても使われる長ネギの栄養価

 長ネギの白い部分は葉鞘(ようしょう)部と呼ばれ、ビタミンCやアリシンを多く含むのが特徴です。

 長ネギ1本の目安は100~150グラム。日本食品成分表2020年版(八訂)によると、長ネギ100グラムあたり(根深ネギ、葉、軟白、生)のエネルギー量は35キロカロリー、ビタミンCは14ミリグラムです。その他にも食物繊維やカリウム、カルシウムなどが含まれています。

 アリシンは硫化アリルの一種で、長ネギのツーンとした刺激臭と辛味の成分です。疲労回復や血行促進、殺菌などが期待され、糖質エネルギー代謝に関係するビタミンB1の吸収率を上げるといわれています。ビタミンCが比較的多いことと併せて、風邪や免疫力が気になる寒い時期におすすめの食材といえるでしょう。

食のランキング

  • Weekly
  • Monthly

食のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。