Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

後を追うように…仲良しきょうだいねこを看取った女性 新たな保護ねことの暮らしとは

著者:Hint-Pot編集部

(右から)リンちゃん、レオくん【写真提供:みかん(@mican0502)さん】
(右から)リンちゃん、レオくん【写真提供:みかん(@mican0502)さん】

 自由気ままで群れを作らないイメージが強いねこ。しかし、時にねこ同士は強い絆で結ばれ、仲間を失うと深く悲しむことがあるといわれています。まるで後を追うように、立て続けに大切な2匹の愛猫を亡くした経験があるというみかん(@mican0502)さん。2匹は生まれた時からいつも一緒だったそうです。今でも心の中で生き続けている大切な愛猫の「リン」ちゃんと「レオ」くん、そして昨夏お迎えしたばかりの元野良ねこ「すみれ」ちゃんについて話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

ツンデレなリンちゃんとおっとりなレオくん

「私の人生を豊かにしてくれたリンとレオ、本当にありがとう……。うちの子になってくれてありがとう。大好き!!!」

 愛にあふれたメッセージと、かわいらしい2匹の子ねこが写った4枚の写真を固定ツイートにしているみかんさん。読者の皆さんからツイッターでお気に入りのねこアカウントを教えていただく「おすすめねこちゃんを推薦しよう」企画の第7弾は、みかんさんの大切な愛猫たちをご紹介します。

「2009年7月17日、お世話になっている獣医さんのところで里親募集のポスターを見かけ、リンとレオに出会いました。実はその頃、私は先代のねこを亡くしたばかり。そんな時、保護主さんから『2匹はとても仲がいいから、飼うなら2匹一緒でお願いします!』と懇願されて、ともにお迎えすることを決めました」

 飼い主さんはリンちゃんとレオくんとの出会いを振り返ながら、「2匹を離さなくて本当に良かった」とも語ります。女王様気質でツンデレだったというリンちゃん、おっとりで食いしん坊だけど面倒見が良いレオくん。性格は真逆な2匹ですが、いつもくっついて離れない仲良しきょうだいでした。

リンちゃんを亡くしてすぐレオくんの病気が判明

いつも寄り添っていた2匹【写真提供:みかん(@mican0502)さん】
いつも寄り添っていた2匹【写真提供:みかん(@mican0502)さん】

 かわいい2匹のきょうだいと過ごす幸せな日々は、ずっと続くと思っていました。ところが、突然の病が2匹を襲います。

 2020年4月、リンちゃんは急性腎不全を発症。その後、膵炎や膵外分泌不全を併発し、1年余り懸命に病気と闘いました。しかし、2021年4月14日の朝、体調が急変。11歳11か月で安らかな最期を迎えました。

 最愛のリンちゃんを亡くし、悲しみに耐えながらもレオくんとの毎日を大切に過ごしていたみかんさん。しかし、リンちゃんを看取って2か月後、今度はレオくんが腸腺がんを患っていることが判明します。

「リンが逝った後、すぐのことだったので絶望しました……。2匹はいつも一緒だったので、リンが呼んでしまったのでは……と思っています」

 レオくんも一生懸命闘病し、リンちゃんが迎えられなかった12歳の誕生日を迎えることができました。けれども、病気が分かってから半年ほど経った2021年9月28日、その日は訪れます。レオくんはみかんさんに見守られながら、最期に5回ほど息を大きく吐くとお空に旅立ちました。

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly