Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

丁寧でシンプルな暮らし 無理なく実現するカギは「今の自分ならどうする?」の考え

著者:小田島 勢子

勢子さんの子どもが描いた寅年の初絵画【写真:小田島勢子】
勢子さんの子どもが描いた寅年の初絵画【写真:小田島勢子】

 米ロサンゼルスから片田舎での生活や体作りのための食、発酵食品の魅力を発信する小田島勢子さん。昨年はオンラインコミュニティを立ち上げ、価値観が合う仲間の輪を広げています。そんな勢子さんが綴る連載エッセイ、新たなテーマ「暮らし」について前後編でお届けします。今回の前編は近年の日本でも注目を集めている「丁寧でシンプルな暮らし」についてです。

 ◇ ◇ ◇

「暮らし」とは生活に自分の思いや感覚を乗せて過ごす日々の流れ

 新たな年が始まり、早くも1か月が経とうとしています。2022年は「壬寅(みずのえとら)」の年。「新芽が厳しい冬を越えて芽吹き始め、新しい成長の礎になる年」といわれているそうです。この年が皆さんにとって、素晴らしい成長の一年となりますように。

 年が明けて最初のコラムということもあり、私の好きな言葉でもある「暮らし」をテーマにお話をさせていただこうと思います。

 私は「生活」が“生きるための礎となる活動”だと感じるのに対し、「暮らし」は“自分自身の思いや感覚をその生活に乗せて自分らしく過ごす日々の流れ”だと思っています。また、「暮」という字は太陽が草原に沈む様。日が昇り、暮れていく一日の流れは今も昔も変わらず、どこに住んでいても暮らしは毎日そこにあると感じるものなのです。

昨年から始まった「食から始まる暮らしの循環」コミュニティ【写真:小田島勢子】
昨年から始まった「食から始まる暮らしの循環」コミュニティ【写真:小田島勢子】

 この「暮らし」をテーマにした活動の一環として、去年からオンラインコミュニティを始めました。ただし“こうあるべき”という土台はなく、価値観が似た仲間同士が土地を開墾して作物を育てていくようなイメージで、メンバーを「ファーマー(FARMER)」と呼んでいます。

 参加者の特徴は、自分自身の体や心を大切にしている方や、家族の健康と生活をサポートするお母さんが多いこと。そのため、ワークショップや交流会では「丁寧」「シンプル」というキーワードに関連した質問だけでなく、暮らしに関するアイデア交換が多く、私自身も学びや気付きをたくさんいただいています。

 その丁寧でシンプルな暮らしを理想とする一方で、このキーワードを大切にするがゆえに負担になることもあると感じています。

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly