Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

漫画

超イケメン幼稚園男子 ずっこけオチ漫画に読者キュン死寸前!「女子がやられるやつ」

著者:Hint-Pot編集部

漫画のワンシーン【画像提供:ひさこ(babibuncho)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:ひさこ(babibuncho)さん】

 幼稚園や保育園に通う年頃の男の子がちょっぴり背伸びをする言動って、かわいいですよね。テレビのヒーローに憧れてかっこいいセリフを言ってみたり、年上のお兄ちゃんを真似してみたり。しかし幼さゆえにキメ切れない姿を見て、大人はキュンときちゃうもの。そんな「かわいすぎる!」幼稚園児の男の子に出会ったママの漫画をご紹介します。作者のひさこ(babibuncho)さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

「イケメンで守ってあげたくなるギャップ付き」 読者もハートを射抜かれる!

 作者のひさこさんは、夫と小学2年生の長男・紺くん、そして幼稚園の年長さんである長女・青ちゃんとの4人家族。インスタグラムには主に、読者が思わず笑顔になってしまうようなほっこり楽しいエピソード漫画を投稿し、人気を集めています。

 ある日、就学時検診で小学校を訪れたひさこさんと娘の青ちゃん。そこで、幼稚園の同級生、超イケメンの亮くん(仮名)とばったり出会いました。せっかくなので、子どもたちは校庭で少し遊んでから帰ることに。亮くん(仮名)は、さっそく青ちゃんを鉄棒に誘います。

「おいアオ!! 鉄棒いこうぜ 逆上がりのお手本見せてやるよ」

 それを聞いたひさこさんは、「青ちゃん前回りがやっとなのに」と感心。「イケメンで運動神経もいいとかアイドルかよ……」と思ったのですが……。

「デキナーイ!! タスケテー」

 声の主は亮くん。真っ赤な顔で鉄棒にしがみつき、ママに助けを求めています。そう、亮くんは勢いよく鉄棒に向かったものの、何と逆上がりがまだできなかったのです。

 気を取り直し、今度はジャングルジムへ向かう2人。仲良く登り始め、それを見てひさこさんはニコニコします。「今度は2人とも上手に登ってる!」と喜んでいたのですが、その様子を一緒に見ていた見ていた亮くんのママは「……いえ、問題はこれからです」と冷静に返します。すると……。

「ママァー!! オリレナーイ!! オリレナーイ!!」

 今度は、怖くてジャングルジムから降りることができなくなってしまった亮くん。真っ赤になって泣きながら、ママに助けを求めています。その母性本能をくすぐる姿にキュンとなったひさこさん。

「推したくなってきた」

 そんなつぶやきでお話は幕を閉じますが、キュンとしたのはひさこさんだけではありませんでした。「爆笑しました!」と大笑いする反応や「推し決定!」「これは女子がやられるやつ(笑)」「イケメンで守ってあげたくなるギャップ付きだなんて!」「頑張り屋なのに、まだちょっと残念なところがかわいい」など推しコメントが殺到! 亮くんは、ひさこさんだけでなく読者の心もガッチリ掴んでしまったようです。

漫画のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly