Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

全身に雪玉が付いたいぬ 豪快な遊びぶりに1.7万人驚愕 「氷タイプのポケモンですね」

著者:Hint-Pot編集部

雪玉まみれになってしまったミニチュアシュナウザーのくぅちゃん【写真提供:くぅ(@kuu_chan_0109)さん】
雪玉まみれになってしまったミニチュアシュナウザーのくぅちゃん【写真提供:くぅ(@kuu_chan_0109)さん】

 立派な口ヒゲとフサフサ眉がチャームポイントのミニチュアシュナウザー。ぬいぐるみのようなモコモコとした見た目も人気の一つですが、実はダブルコートと呼ばれる被毛が二重構造だとご存じでしたか? 小さな見た目ですが寒さに強い犬種だけに、雪で遊ぶと驚くような状態になるようです。今回“面白かわいい”と話題になっているのは雪玉まみれになった姿。飼い主さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

庭のドッグランが雪山状態に 20分ほど遊び回ったところ…

 平年を大きく上回る降雪量で、今冬は大雪警報が度々発令されている北海道。厳しい寒さが続く中、今年ならではの景色を小さな体で目一杯楽しんでいるミニチュアシュナウザーがいます。先日に4歳の誕生日を迎えたばかりの「くぅ」ちゃんです。

 どこか誇らしげな様子でパパに抱き上げられたくうちゃん。その様子の写真には少し驚いてしまうかもしれません。カメラに向けられた体の前面には、真っ白な球状のものが無数にくっついています。

 この白いボールの正体は何と雪。前夜にしんしんと降り積もった雪は、この日の朝に目覚めると40センチほどの深さになっていました。「今年は本当に雪が多くて、例年の2倍以上ともいわれています。この日も本当に大変でした。勘弁してほしいです」と、飼い主さんは大雪続きで少々お疲れ気味ですが、雪が大好きなくぅちゃんはへっちゃらです。

 話題の写真が撮影された日も、毎朝の日課として散歩を済ませた後、自宅に戻って週末の定番である雪遊びを始めました。お庭には飼い主さんのこだわりがたっぷりと詰まったドッグランが併設されていますが、現在は雪で埋め尽くされた雪山のような状態。しかし、くぅちゃんはそれを逆手にとって全力で遊び回ります。

4本の足はすっかり雪玉まみれに……【写真提供:くぅ(@kuu_chan_0109)さん】
4本の足はすっかり雪玉まみれに……【写真提供:くぅ(@kuu_chan_0109)さん】

 この日は20分ほど雪遊びを楽しんだというくぅちゃん。体が冷えてしまう前に暖かいおうちの中に戻ったところ、足やお腹は雪玉まみれになっていました。

 あまりにインパクト大な姿をツイッターに投稿すると、写真は反響を呼び1.7万件もの“いいね”が。リプライ(返信)には「ここまで豪快な雪玉見たことないです」「雪が身近にない地域なものでびっくりです」など驚きの声や、いぬらしからぬ姿から、「ディッピンドッツみたい!」「氷タイプのポケモンですね!(笑)」など、食べ物やキャラクターに例える感想が寄せられています。

 ちなみに、いぬの体に付いた雪玉を無理に取ってはいけません。被毛が引きちぎれてしまったり、皮膚トラブルや冷えトラブルの原因になったりすることも。そこで飼い主さんはすぐお風呂場に連れていき、5分ほど温かなお湯をかけてきれいに溶かしてあげたそうです。

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly