Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

漫画

海外の美容室で失敗した話 豪州でキノコ頭にされた女性に共感殺到「怒らないの優しい」

著者:Hint-Pot編集部

漫画のワンシーン。最初からすごく短く切られてしまい…【画像提供:みれ(@mire_jp)さん】
漫画のワンシーン。最初からすごく短く切られてしまい…【画像提供:みれ(@mire_jp)さん】

 海外で受けるさまざまなカルチャーショック。美容室での体験もその1つに含まれるでしょう。人種によって髪質が大きく異なることもあり、海外の美容室で「イメージとまったく違う仕上がりにされてしまった……」という人も多いようです。オーストラリアの美容室を舞台にしたエッセイ漫画に1000件超の“いいね”が集まる話題になっています。衝撃的な体験をしたという作者のみれ(@mire_jp)さんに詳しい話をお伺いしました。

 ◇ ◇ ◇

ロングヘアをばっさり 想像以上に短くされて内心で焦り

 海外育ちの日本人うりさんとの結婚を機に、オーストラリアのメルボルンで暮らしているみれさん。ブログ「みれはきほん日本にいない」では、バックパッカー時代にさまざまな国を一人旅した頃のエピソードや、大好きなうりさんとの日常生活を描いた漫画が発表され、大きな人気を博しています。

 今回ご紹介するのは、みれさんが久々に美容院へ行った時の出来事。うりさんがロングヘア好きなこともあって髪を長くしていましたが、オーストラリアの乾燥などが原因で傷んでしまったため、ばっさり切ることにしました。

 ショート寄りのボブヘアにしようと、見本画像も用意し準備万端! 美容師さんも「似合いそう」とノリノリで髪を切り始めます。ところが、最初からかなり大胆にハサミを入れられてしまい、想像以上の短い状態に。施術途中にもかかわらず、「み……短いっっ」と内心焦ります。

 しかし、そんなみれさんの様子に気付くこともなく、どんどんとカラーとカットを進めていく美容師さん。一方でみれさんは、「取返しつかないしこれは身を任せるしかないっっ」とされるがままです。最後にはバリカンで襟足を刈り上げられ、見本画像とは似ても似つかない仕上がりに。

 その髪型はまさにキノコ。「圧倒的キノピオ」状態とみれさんは白目をむいてしまいます。戸惑いを隠せないみれさんに対し、迎えにきてくれたうりさんは「キノコーーー!!」とすっかりテンションアップ。

 さらに帰宅してからも、うりさんは「キノコかわいいねぇ」とすっかりキノコ呼びが気に入った様子です。そのおかげもあってか、みれさんも数日後にはすっかり慣れて、自分自身を「キノコ」と呼んでしまうのでした。「キノコ」連呼は、予想外の髪型になってしまったみれさんが落ち込まないように励ます、うりさんなりの優しさだったのかもしれませんね。

 漫画は反響を呼び、「あうつ……それに怒らないみれさん優しい……」「うりさんが気に入ってるってことは、きっと似合ってるんでしょうね」など、みれさんをいたわる声や、「分かる。わざわざ美容院行ったのにキノコにされて帰ってから、姉貴に切ってもらってマシにしてもらったことある」「慰謝料請求していいレベル」など共感のリプライ(返信)が寄せられています。

漫画のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly