Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

動物に“痛みを伴う手段”を禁止 ドイツで起きた警察犬の首輪をめぐる論争

公開日:  /  更新日:

著者:中野 吉之伴

ドイツ・ミュンヘンで任務にあたる警察犬と警察。新たな法律で業務に影響が【写真:Getty Images】
ドイツ・ミュンヘンで任務にあたる警察犬と警察。新たな法律で業務に影響が【写真:Getty Images】

 動物との共生に対し、先進的な取り組みを行っているドイツ。国内では動物を保護するための施設が充実し、動物に関する法律は100年以上も前から整備されてきました。そんなドイツで今年1月、動物の訓練に関する新たな法律が施行。理解の声がある一方、警察など一部からは強い反発があるようです。現地在住ライターの中野吉之伴さんに、こうした論争のポイントや、動物について理解を深められる社会の仕組みを解説していただきました。

 ◇ ◇ ◇

19世紀から法整備が 動物の“愛護”ではなく“保護”を重視

 ドイツはヨーロッパ内でも、国民の動物“保護”意識がとても強い国です。そもそもの話ですが、ドイツは“規則の国”といっても過言ではないほど、何でも事細かく規約でまとめられます。「フランスだと10ページほどにまとめられている法律が、ドイツだと200ページはある」なんてブラックジョークにも表れているほど。

 そんなドイツで、動物保護について法整備の動きが最初にあったのは、19世紀のこと。動物の権利や虐待などの禁止事項が定められました。「動物保護法」として制定されたのは20世紀に入ってから。そして、第二次大戦後に動物保護法は何度も改正され、今では動物自身の権利や尊厳を守るための法律になっています。

 ポイントは、「かわいい動物たちを守りましょう」とか「かわいそうだから虐待をやめましょう」という、人間を中心とした“愛護”の視点ではないこと。「動物が持っている権利を私たち人間もしっかりと守りましょう」という、動物側の視点に立った“保護”が重要だと考えられていることです。

今年1月に動物をめぐる新たな法律が施行 警察から反対の声が

 ドイツでは今年1月から、国内全土で動物のトレーニングや訓練などに「痛みを伴う手段を用いること」が法律で禁止されました。動物保護の観点から考えると大切な法律なのですが、これに異を唱えている人がいます。それは警察です。

 警察は時に犬と一緒に任務に就きます。麻薬や爆発物などの探知犬に加え、ドイツでは大人数でのデモやサッカーでアウェー戦に向かうフーリガンの行進という場にも警察犬の姿が。特にこういう場では人々の感情が高揚しすぎるあまり、時に暴力的な行動にまで事態が発展することも。警察犬にはそうした人間を取り押さえるための重要な役割が任されています。

 そうした特別な現場に出動する警察犬は、金属の突起がついた「スパイクチョークチェーン」という特殊な首輪をはめた状態で訓練されます。見た目が少しいかついのですが、突起が直接首に刺さるわけではありません。首輪を通して少し刺激を与えることで、コミュニケーションを取るために使用されているそうです。

 なぜこうした首輪を使った訓練が必要かというと、現場では警察犬が容疑者と思しき人物に噛み付いた際、担当者が特殊首輪をちょっと締めることで攻撃のやりすぎを未然に防ぐことができるからなのだそう。

 ただ、この行為が今回の新しい法律に抵触することになり、警察は警察犬を現場に動員できなくなるというのです。

「我々は少しも痛みを与えずにできる革新的なトレーニング方法に心を開いている」

 ベルリン警察組合副代表のシュテファン・ケルム氏はこう話していますが、現時点ではそのためのトレーニング方法は確立されていません。

 またニーダーザクセン州やベルリン州では、「例えばサッカーの試合などが挙げられるが、そうした特別な状況では警察犬がやりすぎずに完全にコントロールできることが求められる」ことを条件に、警察犬の訓練や動員に特例を求めているそうです。

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

海外ニュースのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    海外ニュースのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。