Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

漫画

違うけど正解…3歳児の個性的すぎる視力検査に約2万人爆笑 「かわいいので合格」

著者:Hint-Pot編集部

漫画のワンシーン【画像提供:ナコ(@nfsn66)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:ナコ(@nfsn66)さん】

 母子健康法で定められた子どもの健診のうち、満3歳から満4歳になるまでの子どもを対象とするのが「3歳児健診」。いわゆる「物心がつく」年齢だけに、心と体、視力、聴力の発達を確認する大事な機会です。自治体単位で実施され原則無料ですが、一次検査として自宅で視力検査を行う地域も。そこで早速やってみたところ、愛娘の個性的すぎるリアクションにびっくりしたという漫画が、ツイッター上で1.3万件もの“いいね”を集めて話題になっています。確かに正解だけれど、スタイルとしては新しい……。作者のナコさんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

穴が空いている方向を指差すはずが新スタイルを披露

 イラストレーターという肩書きながら、漫画やテキスタイルデザインも手がけるナコさん。プライベートでは中学1年生のゆかりちゃんと小学4年生のとうこちゃん、3歳児のあいちゃんを育てるママです。ツイッター(@nfsn66)とインスタグラム(naco.nfsn66)では、家庭で起こった楽しい出来事をエッセイ漫画として投稿しています。

 今回話題になった漫画は、あいちゃんが主役。現在3歳6か月のあいちゃんは3歳児健診を受けることになりました。そこでナコさんは、自宅で視力検査を実施。ローマ字の「C」に見えるランドルト環が描かれた紙を手に、「穴が空いている方向を指差すんだよ」とやり方をレクチャーします。

 こっくりとうなずくあいちゃんを前に、ナコさんは上に穴が空いているランドルト環を見せました。「はい! これはどっちでしょーかっ!」と元気良く問いかけたところ、あいちゃんは無言ですっと動きます。そして何と、何かを包み込むように両手を合わせてランドルト環の形を作りました。“穴は上”が正解のため、左右の指はつけていません。

「違う……けど正解……!」

 この漫画が公開されると、ツイッターでは約1.3万件、インスタグラムでは7300件超の“いいね”を集めました。双方には「かわいいので合格です」「穴の空いている方向が違っても、OKって言ってしまう自信があります」「違う……けど正解がかわいすぎて尊すぎますね……」「すべてを包み込もうとする抱擁感を感じます」といった声が続々。

 また「車や花の絵を使い、大きいのと小さいサイズの絵カードでやりました」「娘にカチューシャを渡して『同じ向きにできるかな?』と言った」という報告もありました。ちなみにあいちゃんの場合、穴が右側の時はそのまま両手を傾けていたそうです。

漫画のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly