Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

漫画

漫画“猫の爪切り” 自由気ままな姿に約14万人ほっこり「わかりみが深い」

著者:Hint-Pot編集部

漫画のワンシーン【画像提供:キュルZ(@kyuryuZ)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:キュルZ(@kyuryuZ)さん】

 猫の飼い主さんにとって、シャンプーに匹敵するお世話の“難関”といえば爪切り。シャンプーよりも頻度が高く、また健康維持や安全の面からも欠かせないお手入れです。背後から抱きかかえたり機嫌が良さそうな時を見計らったりと、苦労している飼い主さんは多いでしょう。「こんな風ならいいな……」という理想を描いた漫画が、ツイッター上で話題になっています。まったりのんびり気まぐれな態度を楽しみながらの爪切り。作者のキュルZ(@kyuryuZ)さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

猫の爪切りあるある 「今日はもうおしまい」と解放したのに?

 猫と暮らす日常を描いた創作漫画を執筆している漫画家のキュルZさん。登場する飼い主の「フータ」さんと猫の「キュルガ」ちゃんはともに架空のキャラクターですが、キュルガちゃんにはモデルが存在しているそうです。そのため、一部の作品は半分実録、半分創作で描かれています。

 今回話題になった漫画は、猫の爪切りがテーマ。キュルガちゃんはあぐらをかいたフータさんの上に座り、背中を預けた姿勢でパチンパチンと爪を切られています。これは猫飼いならおなじみの基本姿勢。猫を背中ごとホールドしながら前足と後ろ足を1本ずつ手に取り、固定したまま作業を行うわけです。

 最初はおとなしくしていたキュルガちゃんでしたが、次第に自由になっている顔を動かし始めました。ツンツン突き上げてフータさんのアゴをかじったかと思えば、次には手にかじり付いたまま後ろ足で連続キックなどの激しい抵抗を開始。この下半身だけを使った素早い攻撃も「やはり始まった」と思ってしまう猫飼いは多いでしょう。

 そこでフータさんは「分かった。今日はもうおしまいね。行っていいよ」とキュルガちゃんを解放。確かにここが引き時ではあります。しかしキュルガちゃんは「そうなの?」といった様子であぐらの上から動かず、そのままの姿勢でスヤァと眠ってしまったのです。

 淡々と3ページにわたって描かれた作品には、猫飼い仲間から見ると「分かる」「あるある」な行動がぎっしり。どこかのほほんとした雰囲気も、いかにも“猫がいる”空気を感じさせます。そうした不思議な魅力もあってか、ツイッター上では13.9万件もの“いいね”を集め、リツイートも2.3万件に達しました。

 リプライ(返信)には「かわいすぎかよ」「わかりみが深い」「うちの猫と一緒すぎてびっくりしました」といった声以外にも、猫飼い仲間から激闘の報告が続々。「網目が大きい洗濯ネットに捕獲してから爪切りしています」「うちは手にかぶりついてくるので毎回苦戦します」「比較的最初から諦めるか、暴れて抵抗していたけど無駄だと悟りおとなしくなるか……どちらかです」「うちは抱っこが嫌なので、爪切りなんぞしようものなら2人がかりでも困難な作業です」といった声が寄せられていました。

漫画のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly