Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

まだ時間じゃない!? 間違いを指摘されたハスキーに8万人爆笑 「動き止まるの萌える」

著者:Hint-Pot編集部

ベルギーで暮らすシベリアンハスキーの柚ちゃん【写真提供:ハスキーのおかん(@Huskymom2018)さん】
ベルギーで暮らすシベリアンハスキーの柚ちゃん【写真提供:ハスキーのおかん(@Huskymom2018)さん】

 凛々しい顔立ちと力強くがっしりとした肉体。こうした特徴からクールな印象が強いシベリアンハスキーですが、実はとてもお茶目な一面があるようです。ごはんの時間を間違ってしまった1匹のハスキー犬。飼い主さんに諭されて間違いに気付いた瞬間のリアクションが、大きな話題になっています。飼い主のハスキーのおかん(@Huskymom2018)さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

子いぬの頃から物怖じせず人懐っこい柚ちゃん

 おかんさんは、2年の遠距離恋愛を経てベルギー人の配偶者(おとんさん)と結婚。現在はこの夏で2歳になるシベリアンハスキーの「柚(ゆず)」ちゃんと、ベルギーで“3人暮らし”をしています。

 柚ちゃんをお迎えするまでに、実は2年の歳月がかかったそう。それというのも、幼少期からいぬと暮らしてきたおかんさんとは対照的に、おとんさんはいぬを飼ったことがなかったからです。

手前はおとんさんの心を溶かした友人の愛犬【写真提供:ハスキーのおかん(@Huskymom2018)さん】
手前はおとんさんの心を溶かした友人の愛犬【写真提供:ハスキーのおかん(@Huskymom2018)さん】

 いぬとの生活をどうしても諦められなかったおかんさんは、反対するおとんさんを根気よく説得。そんな中、友人のハスキーとふれあう機会に恵まれたそうです。すると、そのハスキーはおとんさんにとても懐き、その後も度々預かるように。こうしてハスキーの魅力を知ったおとんさんから、「ハスキーならいいよ」と犬種限定で了承を得ることができました。

「柚はハスキーのブリーダーさんからお迎えしました。この子をお迎えしようと決めたきっかけは、人を怖がらずにいたずらをしたり、人の腕の中で寝たりする姿を見たからです。他の兄弟犬たちが人に慣れない様子の中、そうした反応は柚だけでした。我が家にはよくお客さんが来ますし、みんなでごはんを食べることもしばしば。人懐っこさや物怖じしない姿が決め手でした」

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly