暮らし

なんでこんなに臭いのか? 加齢や汗で気になる体臭ケアを専門家が解説

著者:Hint-Pot編集部・臼井 杏奈

タグ: ,

マンダムの「においケアセミナー」のようす
マンダムの「においケアセミナー」のようす

においのメカニズムは男女一緒! なぜ臭くなる? から解決法まで

 汗をかく今は、男女ともに「におい」が気になる季節。その体臭も納豆くさい、草のようなにおい…など、一言に「くさい」と言っても多種多様だ。2006年から体臭に関する研究をしているマンダムは企業を対象に「においケアセミナー」を行っており、21日にはお客と近くで接する結婚式場を運営するエスクリでセミナーを実施。意外と知らないにおいのメカニズムから、その解決法までをマンダム社員が解説した。

 ◇ ◇ ◇

 マンダムによると体臭には、ミルク、カレースパイス、酸っぱい、カビ、シューマイ、生乾き、鉄といった7種のにおいがあるのだとか。ミルク臭は一般的な体の甘い香りで不快なにおいではないのだが、カレースパイスや酸っぱい臭はいわゆる“脇の臭さ”。それを再現したにおいを詰めた小瓶が配られたので筆者も嗅いでみたが、汗臭はかなり鋭いかおりで、思わずしかめっ面に……。こんなにおいの人が近くにいたら耐えられそうにない。

 そんな体臭だが、実はにおい発生のメカニズムは男女一緒。においの材料である汗や皮脂を、細菌が食べてしまう(代謝する)ことで発生する。汗自体はにおわないのに、時間が経つと臭くなるのはこのためだ。

 つまり体臭を解決するには、汗や皮脂だけでなく細菌を取り除くことが重要だ。さらにセミナーでは、気になる「加齢臭」や「足のにおい」についても解説してくれた。