Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

夏休みの子どものクラブ活動 練習に力を入れる日本 休むことに集中するドイツ

著者:中野 吉之伴

夏季休暇中のクラブ活動。日本とドイツで姿勢に大きな違いが(写真はイメージ)【写真:写真AC】
夏季休暇中のクラブ活動。日本とドイツで姿勢に大きな違いが(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 学校が夏休みに突入し、子どもたちにとってはスポーツをはじめとした課外活動の忙しい時期がやってきました。「ここが成長に向けての頑張りどころ」とつい力が入りそうですが、ドイツでは「休みだから、休む」とまったく異なるアプローチで夏季休暇に臨むようです。その徹底した姿勢の背景にある考えやメリットとは? 現地在住ライターの中野吉之伴さんに、解説していただきます。

 ◇ ◇ ◇

“休みだから休む”ドイツ 8月にサッカークラブの活動はなし

「ドイツでは夏季休暇中、子どもの部活動はどうなっていますか?」

 以前、こんな質問を受けました。答えはとてもシンプルです。夏休みですから、休みます。

 僕は今季、フライブルクのサッカークラブで育成年代の監督として12歳以下と13歳以下、19歳以下のチームを指導しています。フライブルクのバーデン=ヴュルテンベルク州では学校の夏休みが7月28日からスタートしましたが、クラブ活動も8月いっぱいお休みです。学校の新年度が始まる9月10日前後まで休むチームもかなりあります。ドイツに来て20年以上が経ちますが、夏休みにクラブの活動が入ったことなんて一度もありません。

 一度8月20日頃から新シーズンに向けてのトレーニングをスタートしてみようと思い、クラブのスタッフやチームの保護者に相談してみたことがありました。しかし、「休暇中だから出られないよ」という家族の方からの意見が圧倒的に多かったんです。

「それは普通のクラブの話でしょ? 強豪クラブはしゃかりきにトレーニングしているんじゃないの?」

 そんな風に聞かれることもありますが、前述のチームというのが、まさに地元ではトップ3に入る強豪。それこそドイツのプロサッカーリーグ「ブンデスリーガ」の育成アカデミーといった、よりプロフェッショナルなアプローチを取ろうとするクラブでも小学生年代だったら4週間の休みは当たり前。中・高校生年代でも少なくとも2週間はまとまった休みを取ります。

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly